石田漆器店

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/ishidasikkiten

「輪島塗 風車蒔絵バレッタ 溜」 (「スラムドッグ$ミリオネア」)

さて今日も、輪島塗のバレッタのご紹介です。

 

こちらは、風車蒔絵。風車というのは鉄線のことを言います。

 

輪島塗 風車蒔絵バレッタ 溜

 

青貝、金粉を用いながらも、抑えた色合いの蒔絵となっています。

 

詳しくは、「金沢商店街物語」をご覧下さい。

http://shop-kanazawa.jp/shopping/product-detail.php?id=3950

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今度は、第81回アカデミー賞作品賞を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」を見ました。

 

2008年の作品で、監督は、ダニー・ボイル。

 

ダニー・ボイルというと、「トレインスポッティング」、「普通じゃない」のような娯楽作品を上手く撮る人というイメージでした。

 

ですので、この作品で監督賞まで受賞したのには驚きました。

 

一体どんな物語でしょうか?

 

舞台は、インドです。

 

電話会社の冴えない雑用係であるジャマールは、人気クイズ番組「ミリオネア」に挑戦し、どんどん勝ち進んでいきます。

 

しかし、知識人でさえも難しい問題に答える彼は不正を疑われ、警察で拷問される羽目に。

 

ところが、実際は、彼は何の不正も行っておらず、全ての答えは、彼が経験から得たもので・・・。

 

ジャマールが、「ミリオネア」で、普通なら知らないであろう問題に答える現在のシーン。

 

そして、なぜ、彼がその答えを知り得たかが明かされる、過去の過酷なスラム暮らしのシーンが交互に進んでいく構成になっており、引き込まれます。

 

この物語は、人間が、生まれながらに持っているものなど何も無く、全ては経験によって得られるものだというイギリス経験論が元になっていると思われます。

 

知識人であろうとスラム暮らしであろうと、頑張って生きているのは同じで、それぞれの経験に差なんて無いのだ!

 

というメッセージが伝わってくる名作でありました。

 

エンディングのインド映画へのオマージュであろう大人数でのミュージカルシーンも感じが出ていましたね。

 

史上最大の2,000万ルピーが懸かった最後の問題が、アレクサンドル・デュマの「三銃士」は、アトス、ポルトス、もう一人は誰?

 

というのは、いくら何でも簡単過ぎな気がしますが・・・。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000037543/p11591477c.html
工芸品 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「菊皿 溜」 (「永遠都在」)
「輪島塗 春秋/波蒔絵ペンダント(小) 朱」 (「アーティスト」)
「輪島塗 夢路蒔絵バレッタ 朱」 (「英国王のスピーチ」)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
masahiroイメージ
片町の石田漆器店です。商品紹介と趣味の話を書いていきたいなと思ってます。よろしくお願いします。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 25 198131
コメント 0 39
お気に入り 0 4

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク