石田漆器店

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/ishidasikkiten

「輪島塗 桜蒔絵一膳 黒」 (「風中の縁」)

さて今日は、久しぶりに輪島塗のお箸のご紹介です。

日本らしい桜の手描き蒔絵が施されています。

輪島塗 桜蒔絵一膳 黒


箸先は、つまみやすい、すべり止め付きです。


詳しくは、当店のホームページから、どうぞ。

http://ishidasikkiten.com



















































さて、今度は、「風中の縁」という中国時代劇を見ました。


「えん」ではなく、「えにし」と読みます。


2014年の作品で、出演は、リウ・シーシー、フー・ゴー、エディ・ポン。


時代は、・・・分かりません。


南朝と言っていますので、宋の時代でしょうか?


狼に育てられた奔放な女性である、リウ・シーシー演じる辛月は、砂漠で二人の男性と出会います。


一人は、都のあらゆる商いを押さえている組織の長、フー・ゴー演じる莫循。


もう一人は、皇帝の縁戚でもある将軍、エディ・ポン演じる衛無忌。


辛月は、莫循を好きなんですけど相手にされず、衛無忌は、辛月を好きなんですけど相手にされず。


という三角関係に、宮廷の権力闘争が絡んでいくんですけど、どうも今一つ入り込めませんでした。


あなたは、「愛している人」と「愛してくれる人」どちらを選びますか?


という定番のストーリーなのは、まぁ、良いとしましょう。


でも、リウ・シーシーの演技が大げさ過ぎるんですよね。


「続・宮廷女官若曦」の抑えた演技は、すごく良かったんですけど、これは、ちょっと・・・。


ラストも、中途半端な感じがありました。


「宮廷女官 若曦」の原作、監督、主演が再び揃ったということで期待していたんですけど、残念ながら、人には薦めにくい作品でした。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000037543/p11787588c.html
工芸品 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「栃 子ども千筋椀」 (「宮廷の諍い女」)
「漆芸アイフォンカバー 山水」 (「紅衣小女hai」)
「ステキ vol.18」 (「変容する家」)
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
masahiroイメージ
片町の石田漆器店です。商品紹介と趣味の話を書いていきたいなと思ってます。よろしくお願いします。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 9 210616
コメント 0 42
お気に入り 0 4

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク