富山良いとこ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/wprblornxp0230

夏冬の寒暖と血圧との関係

血圧は、夏に低く、冬に高いという特徴があります。身体は、自律神経の働きによって血圧や体温をコントロールしており、暑いときには汗を掻き、寒いときには鳥肌が立ちます。


このため、高血圧の人は、特に冬の季節に気を付ける必要があります。肌が冷気に晒さられる体温の発散を防ぐため交感神経が働き、血液中にカテコールアミンが分泌され、このカテコールアミンの作用により血管が収縮して、血圧が上がるのです。



寒さによる血圧上昇は、基準範囲の人であれば、寒いときと暑いときの差はせいぜい20mmHg以内ですが、血圧の高い人ではかなり大きな違いがみられます。



冬の時期には、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害や狭心症、心筋梗塞による死亡率が高くなります。



これは、寒さが一番の理由ですが、これは、冬の気候によるものよりも、暖房や防寒の不十分さのほうが大きな要因です。



家の中で、居室は暖房が行き届いて暖かいのに、浴室、脱衣所、トイレなどは暖房されていないため、居室との極端な温度差が引き金となって発作を起こすのです。



このため、家の中になるべく寒い場所をつくらないよう、とくに注意が必要です。



夏の暑いときは血管が広がるため、血圧は冬よりも下がります。また、汗をかくことによって、ナトリウムが自然に出ていくので、血圧の上昇を防いでくれます。



このため、冬ほど血圧の上昇を心配する必要はありませんが、冷房の効きすぎた部屋では冬と同じ状況になりかねませんので、衣服の重ね着をするなどの体感温度の調節が必要です。


また、高齢者や降庄薬を飲んでいる人は、血圧の下がりすぎに注意が必要で、特に、6〜7月の梅雨どきは、低気圧の影響もあって脳梗塞を起こしやすくなります。
膝関節の軟骨を守る3つの成分


血圧
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000086255/p11717653c.html
健康 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
高齢者の転倒を予防するためには
むくみを予防・改善する飲み物
入浴の効果
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
富山良いとこを紹介
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 1 821
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[金沢] Atlier Juill…

最新のコメント

おすすめリンク