富山良いとこ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/wprblornxp0230

高齢者の転倒を予防するためには

高齢者が転倒すると、打ちどころが悪いと、腰の骨を折ったり、場合によっては背骨を折ったりして歩行が困難となって、寝たきりになるなど、これから先の人生を大きく左右してしまいかねません。


このため、高齢者にとって、日常生活において、いかに転倒を防ぐかが重要なことになります。



しかし、どんなに気を付けていても、転倒するリスクはありますが、ちょっとした工夫で、転倒を防ぐことができます。



転倒を予防するための歩き方の基本は、足を上げて、手を振ることです。



高齢になると、歩く際にすり足となり歩幅が狭くなることが多いため、足同士がもつれ転倒してしまうことがあります。これを防ぐためには、足はできる限り上げて、大幅で歩くことが重要です。



しかし、これだけではバランスを崩してしまうため、手も同時に振るようにして歩きましょう。



手と足で体幹のバランスを取り、重心をまっすぐにして、歩行することが転倒予防につながります。



また、歩く際は、時間に余裕を持ち、走らないことです。



いつまでも大丈夫と思って、自身の身体能力にそぐわない行動をすると、思わぬ事故につながります。このため、時間に余裕を持つことが大切です。



時間に余裕がないと、どうしても走ってしまい、その結果、転倒をしてしまいかねません。走らなくても良いように時間調整を行い、身体能力に合った生活を送ることが重要なのです。



要介護の高齢者だと、手すりや他の人の手を借り歩行することが多いため、転倒するリスクは低下します。



しかし、介護がまだ必要ではなく、自立した生活を送っている高齢者方が、バリアフリーの廊下など、何も無いところで転倒する確立が高くなっています。




自立している高齢者は、これくらい大丈夫と過信してしまうあまりに、なんでもないところで転倒してしまうのです。



大丈夫と過信するのではなく、高齢者であるという自覚を持ち、手すりを使用して転倒予防に努めることが大切です。


ストレッチの効果


高齢者
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000086255/p11659356c.html
健康 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
むくみを予防・改善する飲み物
入浴の効果
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
富山良いとこを紹介
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 625
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[金沢] Atlier Juill…

最新のコメント

おすすめリンク