心と体の栄養補給

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/healthy

命あることの幸せ

__________________________

 自宅を失うということは家族にとっては大きな悲劇です

が、命を奪われることの悲劇とは比較になりません。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.80

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 大震災で自宅を失った人が多くいる。家族を亡くした人

もいる。どんなに絶望的であり悲しかったことだろう。

それでも命があれば、再起できる。

実際に大震災でそれまでの日常を奪われた多くの人たちが

たくましく歩み始めている。

生きてさえいれば、そこから次の人生が開けてくる。


 当たり前のようにある日常こそありがたいものであり、

まず何よりも命があることだけでも幸せなことなのだ。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11669846c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

どうせいつかは死ぬのだ

__________________________

 どうせいつかは死ぬのだろうから、それまで精一杯生き

たい

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.77

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 葬儀というのは、日常忘れていることを思い出す場だ。

いつかは、自分も、大切な人たちも、葬儀の主役になり、

火葬されて体は大気に帰り、骨は砕かれて壺に入れられる。

それは生まれたばかりの赤ん坊でさえ、必ずそうなのだ。

そう思うと、今、生きていることがすばらしいことであり、

また、大切な人たちも、なんて愛おしい存在なのだろう。

生きていることを喜び、身の回りの人たちを愛して生きて

いこうと改めて思う。


愛、生
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11669524c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山あり谷あり

__________________________

 人生を振り返った時、ああ何と山あり谷ありの人生だっ

たなあと思うのも、また楽しいのではないでしょうか。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.74

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 乗り越えてうまくいけば、もうその時の悩みや苦しみは

過ぎ去ってしまう。

その時を振り返って感じるのは苦しみではなく、よく乗り

きったという安堵感であったり誇らしさであったりする。


 苦労した人生は、それを乗り越えてしまえば誇りになる。

もし、今、苦しいことがあるとすれば、ひたすら乗り越え

ることが、価値のある重みのある人生を築くことになる。


苦労
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11669025c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

行動して楽しむ

__________________________

 坂もなにもない、まっすぐで平坦な道をだらだら歩くだ

けの人生は、すごく退屈だと思うのです。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.73

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この先どうなるのかというのは、予測はできても実際の

ところ断定できるものではない。

どうなるかわからないから、努力もするし、その結果にも

期待するものがあっておもしろいのだ。


 ふだんは何かと忙しいのだから、時にはだらだら過ごす

のもいいものだ。

 だけど、気負わずに思いついたことを次から次へとやる

だけで、その結果が残って楽しめるのだから、やはり行動

したほうがいい。


 今日の一日にしても、何もしなければそれまでなのだが、

何かをすれば、何かが変わり何かが生じる。

行動できる時間があるのに行動しないのはもったいない。

どうせなら行動して人生を楽しもう。


行動
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11668718c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

告白

__________________________

 手に入らない恋というのは、結果的にふられるのと同じ

です。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.63

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ふられるかどうかは、告白しないとわからない。

白黒をつけないと、現状維持か後退するだけで進展はない。

これは恋以外のことでも当てはまる。


 欲しいものは手に入れようとしなければ手に入らない。

求める態度があやふやな人は、求められる人に嫌われる。

煮え切らない、いい加減な態度なら、相手にしたくない。

要るのか要らないのかはっきりしてほしいのだ。


 強く求められるほど、求められる側は嬉しいものだ。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11668486c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

次に生かす

__________________________

 反省は過去の行為を肯定したうえで、次の人生に生かす

ものだからです。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.61

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 反省と後悔は違う。

反省は、失敗を成功につなげるための手続きなのだ。

反省することで、失敗を失敗に終わらせないで、成功の礎

に変えることができる。

つまり、その失敗は、成功のために要るものだったとして

肯定することで、成功のために生かせるものになる。


 柔道でも、最初に習うのは、技ではなく受け身だった。

何度も何度も倒れ方を練習する。

上手に受け身ができることが強くなるための基礎になる。


 倒れてもいいのだ。

何度倒れても、その度に起き上ればいいだけのこと。

倒れることではなく、起き上がれないことが問題なのだ。


 失敗も倒れることも恐れることはない。

それを生かせば、それがなかったより必ず強くなれる。


反省
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11668116c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今、何ができるか

__________________________

 緊急事態の収拾に関しては、今の状況だけを見て判断す

ることが大切です。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.59

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 昨日、途中しか観ていなくて、本筋がどうだったのかは

知らないけれど、弁護士になりたい少年が、過去の判断を

後悔して、弁護士になる資格がないと夢をあきらめる状況

に陥っていた。


 過去の経緯があって、今の状況があるわけではあるが、

済んでしまった過去の経緯は変えられない。

変えられないことを変えたいとするのは、全く無駄なこと

であって、そこにとらわれるのはエネルギーの損失でしか

ない。

済んでしまったことへのこだわりはすっぱり捨てたほうが

得策なのだ。


 誰でも判断を誤ることはある。失敗もある。

過去の失敗にこだわっていては、ベストを尽くせない。

過去の失敗を足かせにしてはいけない。

本当に足かせがあるわけではない。あると思っているだけ

なのだ。

過去にとらわれていないで、今できるベストを尽くせ!

そう思った。


 今の状況を改善することができることは、今の中にある。

今、何ができるかを考えることで現状のベストが見つかる。


ベストを尽くす
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11667801c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

過ちを責めるより励ます

__________________________

 失敗をして事態が悪くなった時にやらねばならないこと

は、その状況をいかに良くするかということです。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.58

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 失敗について過去の判断が悪かったためだといっては、

済んでしまったことを責め立てても事態は良くならない

どころか、その場の空気が険悪になる。


 くよくよする暇があったら、今、何をすれば状況が良く

なるのかに考えを集中したほうがいい。

気持ちが前向きになり、見通しも立ってくる。


 他人の失敗も、その人の過ちを責めては落ち込むだけ

だ。

それより、これからどうすればいいか提案をして励ます

ことに努めるべきなのだ。


前向き
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11667386c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

後悔しない

__________________________

 反省のない人間に成功はありません。

しかし後悔には意味がありません。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.56

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 失敗はその原因を追究することで成功につながる。

失敗するほど、足元が固まる。

失敗は反省することで、大きな意味が見いだせるものだ。

ところが、反省しないで後悔ばかりしていては前進しない。

終わったことは、どうしようもないのに過去の選択を悔や

んでも意味がない。


 過去の選択の結果が今であれば、過去にさかのぼっても

今も将来も変わるわけではない。

しかし、今を変えれば確実に将来は変わる。

変えるのは過去ではなく、今なのだ。


 済んだことをごたごた悔いるのは愚かなことだ。

それより、これからどうするか考えるほうが賢明なのだ。

将来は、今から始まる。常に今がスタートラインなのだ。


過去の選択
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11667055c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

心のガス抜き

__________________________

 不平や不満を口にするだけで、意外に楽になるものです。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.54

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 不平や不満を口にすると、その不平や不満の気持ちを

さらに念押しすることになって良くないものだが、自分の

気持ちをだましてモヤモヤをため込んでいるより、正直に

口に出したほうが心のガス抜きになってすっきりする。


 自分を飾らないで正直に自分を出せる相手がいるという

ことは幸いなことだ。

本性を隠していい子ぶるのは、自分を欺くことでもある。

正直に弱音を吐ける相手がいるほうが、心の健康を保てる

ものだ。


弱音
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11666611c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
俊孝イメージ
心も体も健康でありたい。
健やかに生活するためにプラスになることについて綴っていきます。

「日めくり」はAmebaブログ「木漏れ日の輝き」より。
http://ameblo.jp/satsukipap/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 67 642376
コメント 0 3146
お気に入り 0 38

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク