心と体の栄養補給

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/healthy

いつかわかる

__________________________

 求めてもいないものが与えられた時には、謙虚にいただ

こう。なぜそれが与えられたのかは、いつかわかる。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.79

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「お願いします」という祈りと「ありがとうございます」

という祈りがある。

考えてみると、必要なものは与えられているのに、それに

感謝する気持ちもなくて、さらに求めるのは、失礼なこと

だ。

まずは与えられていることを一つ一つ思い浮かべながら、

「ありがとうございます」と感謝すべきなのだ。


 到底、感謝したくないようなことが与えられることも

ある。

だけど、適切なことが適切な時に与えられていると信じ

ることができれば、きっといつかはその意味がわかる。

拒みたくても拒まずにひとまず謙虚に受ければいいのだ。


 ゲッセマネの祈りはまさに模範になる。

「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去ら

せてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、

御心のままに。」(マタイ26:39)


 自分の願いではなく、「御心のまま」を求めて祈る

姿勢が大切なのだ。


祈り
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11686357c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

怪我の功名

__________________________

 祈り続けているのに、その願いが叶えられない人は、

「切なくつらい思い」をすることが必要なのだと考えて

みる。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.72

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 つらい思いをしているとき、どうしてこんなめに遭わな

ければならないのかと嘆くより、今はわからない、だけど

これが自分にとって、きっと必要なのだと考えることで、

しのぎやすくなる。


 「怪我の功名」ということがある。

当座は災難としか思えないことでも、それがやがてむしろ

良い結果になることもある。


 失敗していなかったら、辿りつけなかったような成果を

収めることができる。

あの時、うまくいっていなくて良かったのだと後になって

思うことはいくらでもあるものだ。


つらい思い
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11686072c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

やがてそれが活かされる

__________________________

 その時は理不尽に感じたとしても、後になってみると

「それでよかったのだ」と思えることは少なくない。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.67

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 辿ってきた道が新たに経験することの伏線になっていて

あの時あんなことがあったからこそ、それが今に活かされ

ているんだと思えることがある。


 ありがたいことに、まるで予め仕組まれていたかのよう

にうまい具合に事が運ぶこともある。


 ふさわしい時にふさわしいことが起こっているのだと

思っていれば、成り行きに任せていてもそれでいいのだ

と気を落ちつかせることができる。


 今日、あることも、やがてそれが活かされる時がくる。

今日、過去の経験が活かせるかもしれない。

さあ、今日も有意義な一日でありますように。


伏線
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11685798c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

頼られてうれしいのは人の常

__________________________

 頼られてうれしいのは人の常です。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.66

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 期待されるとそれに応えたくなる。

求められれば、与えたくなる。

人の役に立ったとわかれば、うれしくなるものだ。


 自分がそうであるなら、他の人もそうなのだ。

お互いに頼り合い、期待し合い、求め合い、与え合えば

いいのだ。


期待
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11685534c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

人間の分際

__________________________

 ままならない人生だからこそ、人間としての分際を知り、

他の人に寛容になれる。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.61

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 どうしてこんなふうに言われなければならないのだとか

どうしてこんなめに遭わなければいけないのかとか、まま

ならないことを憂うことがあるものだ。


 この世の中は、そもそも不完全な人間の集まりなのだ。

自分も他人も、すべてが思う通りになったり、できたりは

しない。それが人間の分際というものなのだ。


 それをわきまえないで、思いを通そうとするところに

傲慢が表れ、軋轢が生じる。

それぞれが違ったところに不完全さを持っていることを

わきまえるなら、他人の所業にも寛容になれるはずだ。


不完全
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11685310c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

手塩にかける

__________________________

 費やした時間には愛情が宿り、育っている。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.58

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 「手塩にかける」という言葉がある。

心をこめて、愛情をこめて育て上げる。

そのように根気強く時間をかけるところに、また、温かい

心や愛情が育つ。


 損得勘定なしの無駄に思えるような手間暇の中に、それ

抜きでは生まれないような大切なものが生まれてくる。


 心をこめた時間は無駄にはならないということだ。


時間
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11685014c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

弱いことの切なさ

__________________________

 体が風邪をひくことがるように、心も、“風邪”をひく

ことがあるのです。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.50

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 いつも前向きでいられるわけではない。

やらなければならないことがわかっていてもなかなかその

気になれないこともある。

頑張らなくてはいけないのに、頑張れないこともある。


 やってはいけないことはわかっていても、やってしまう

こともある。

むしろ、そんなことのほうが多いような気さえする。


 身も心も頑丈な人には、弱いことで感じる切なさが

わからない。

しっかりしろといわれても、できないものはできない。

好んで弱いわけではない。仕方がなく弱いのだ。


 そんな弱いことの切なさを知っていることが人として

大切なことでもある。

人それぞれに思うようにならないことに苦しみを感じて

いることを心にとめておくことが大切なのだ。


 人の弱さを自分の基準で裁いてはいけないものだ。

弱さを責めるよりも、いたわる優しさがあればいい。


心の風邪
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11684807c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

四苦八苦

__________________________

 苦しまなければ人は成長しない。しかし、どんな時にも、

笑顔と「おかげ様で」の気持ちを忘れないこと。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.49

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 四苦八苦という仏教用語がある。

「苦」は「思うようにならない」という意味だそうだが、

その四苦とは、生・老・病・死。

愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦を加えて八苦。

愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦は、文字通り。

五蘊盛苦は、文字からはわかりにくい。

五蘊とは、色・受・想・行・識。

身体・感覚・概念・心で決めたこと・記憶。

その五つの要素に執着する苦しみということだそうだ。


 人生とは、まさに思うようにならないことが多い。

思うようにならないこと、思いがけないことに遭遇し

ながら歩む。

人生とは、そんなものだと思ってしまえばいいのだ。


 思うようにならないことに翻弄されるのではなく、

これが自分の人生なのだと受け入れて、そこから道を

求めて、前向きに歩む。

そんな歩みをしてこそ人は成長できる。


 四苦八苦を通して、様々な気づきや学びを得る。

成長するために与えられているのが人生なのだ。


人生
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11684522c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

笑顔になれるということ

__________________________

 自分が笑顔になることによって、学生がそれを見て笑顔

を返してくれると、救われたような気持になります。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.48

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 自分が笑顔になれるということが、自分の心が健康であ

るということであり、まず、ありがたいことだ。


 自分の笑顔に応えて笑顔を返してもらえるとき、相手の

心も穏やかであり、お互いの関係もそれなりであるという

ことであって、これまた喜ばしいことなのだ。


 仕事中も冗談を大切にしている。

お客様とも職場の仲間とも冗談を言っては大いに笑う。

仕事はしかめっ面でしなければならないということはない。

冗談を言っては気を晴らし、楽しく仕事をすればいいのだ。


 冗談で笑顔になれる。そして、まさに笑顔は伝播する。

冗談は潤滑油のように働いて、円満な関係をつくることが

できる。

笑顔になれるということが、実に大切なことなのだ。


冗談
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11684158c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

親の背

__________________________

 言っていることと行動が、一致することが大事。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.45

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 時間を大切にしなさい、と子どもに言いながら親自身

時間にルーズであれば、子どもにその大切さは伝わるはず

がない。


 子どもは親の背を見て育つという。

親の生活習慣は子どもには、それが標準としてインプット

される。


 子どもに親としてどんな背を見せているのか、そこが

子育てで最も肝心なことに違いない。


言行一致
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11683869c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
俊孝イメージ
心も体も健康でありたい。
健やかに生活するためにプラスになることについて綴っていきます。

「日めくり」はAmebaブログ「木漏れ日の輝き」より。
http://ameblo.jp/satsukipap/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 42 645253
コメント 0 3146
お気に入り 0 38

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク