心と体の栄養補給

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/healthy

本当の愛で

__________________________

 本当の愛で相手の幸せを考えられる人に、神様は味方し

てくれる。

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.140
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 愛があれば、不幸せになることはない。

人を心から大切にしようと思うことそのものが自分を幸せ

する。


 エゴではなく本当の愛であれば、人を赦すことができる。

人を赦すということは、人を赦せない呪縛から自分を解放

すること。

自分を不幸にするのは、人を赦せない自分の呪縛なのだ。


 しかし、どうしても赦せないこともある。

そんなとき、赦せない思いをそのまま委ねることができ

る先が神。


 裁くのは自分ではない。裁くのは神だと思えるだけで

赦せない心が救われる。


幸せ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11706709c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

迷惑な人

__________________________

 嫌な人には「NO!」と言ってあげることが、その人に

対する愛なんですね。

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.140
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 交差点に向かい右側の反対車線側沿いにある量販店か

交差点で信号待ちしている数台の車の後に強引に進入した

車が、交差点に向かうほうの車線に入れずに、反対車線を

横切るように止まって、交差点からやってきた車の流れを

完全に遮断していた。


 道路に右折して入るときは、自分が進入できるスペース

が空くまでは待つのが普通だ。

結局、信号が変わるまで道路を塞いだまま動けずに、交差

点から来た4・5台の車が行く手を阻まれ迷惑していた。


 マナーが悪くて迷惑なことをする人がいるものだ。

迷惑な人には、迷惑だということをわからせることが、

その人のためになる。


嫌な人
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11706395c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

解釈の仕方が人生の質になる

__________________________

嫌な人間とつきあっているから嫌な人生になってしまう。

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.137
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 嫌な人間とつきあうのも魂の修行だと思えばいい。

だけど、魂の修行は魂が成長しなければ意味がない。

魂が荒むようなら修行にならないのだ。


 どんな時間を過ごすのかは自分が選ぶことだ。

どんな相手と時間を過ごしてもいいが、それをどう解釈

するかが自分の人生の質になる。


 どうせなら良質な時間を過ごしたい。


魂の修行
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11706114c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

役に立つこと

__________________________

 役に立つことがあるなら、相手のために一生懸命して

あげればいい。

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.133
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 どうせするなら中途半端にではなく一生懸命にする。

相手のことを誠意をもって考える熱意は必ず伝わる。


 食べて眠るだけなら、人間でなくてもいいのだ。

世のため人のために何ができるのかと考えるところに人間

にしかできないことがある。


 大げさなことでなくてもいい。身近なところから、人に

役立つことを考えればいいのだ。


人間
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11705876c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

笑顔で前向きに

__________________________

 笑顔で前向きに考えれば、どんな状況にあっても知恵が

生まれてくる。

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.128
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 切羽詰まらないとなかなか踏み出せない理由の一つに、

どう踏み出したらいいのかわからないということがある。

しかし、切羽詰まれば、そのときは何とかすることになる。


 どうしたらいいのか知恵が出ないというのは、出ないと

あきらめて、思考することをやめるからだ。


 どん詰まりになったときこそ、暗くなるのではなく、

陽気に前向きに可能性を信じることが知恵を生む原動力

になるのだ。


知恵
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11705591c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

もうかっている会社

__________________________

 もうかっている会社は、人が求めていることを一番に

やっています。

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.113
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 安いので買ってみようかと思うことがある。

安いのになかなかすばらしいと感心することもあったし、

安くても、もう買わないでおこうと見切りをつけたものも

あった。

結局、人に喜んでもらえないものは、売れなくなるのだ。


 人間関係でも、その場しのぎで間に合わせの対応をする

のか、その人に役立つことを考えて誠意のある対応をする

のかによって、結局、自分がそれなりの人間であるという

評価を受けることになる。


 人も会社も人の役に立ってこそ引き立てられるものなの

だ。


人の役に立つ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11705330c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

できることを続ける

__________________________

 自分にできることを続けて、どんな小さくてもいいから

自分が変わるための一歩を踏み出し続ける。

『変な人が書いた人生の哲学』
できること
斎藤一人 PHP P.110
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 自分が変わるためにできることを続ける。

この「続ける」というのが大切なのだが、案外難しい。


 韓国語を勉強しようと思って買った本が、勉強する前に

二冊になった。

勉強を続けることができないのを本のせいにしている。


 机の上に並んだ韓国語のレッスン本は、毎日、背表紙を

眺めるばかりで、手に取ろうとしない。

目の前にあるのに、手の届かないところにあるような距離

を感じる。


 でも、今年は勉強しよう。

まずは、意味がわからなくても、とっさに読めるようには

なりたい。それなら簡単なはず。

そうだ。まずそこからだ。今年の目標にしよう。


続ける
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11705185c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

まずは大きな声で

__________________________

 まずは大きな声で話すこと。

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.108
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 大きな声で話す人は、堂々とした印象で、安心できたり

頼もしさを感じさせる。


 ラーメン店でも、店員たちが元気な声を出している店は

活気があっていい。


 スーパーのレジでも、大きな声で処理してくれるほうが

聞いていて気分がいい。


 元気よくはっきりわかる声で話すことが大切なのだ。


大きな声
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11704974c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

不平不満で気づく

__________________________

 不平不満は自分の心の中でいくらでも処理ができる

『変な人が書いた人生の哲学』

斎藤一人 PHP P.107
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 大雪になると、歩道には雪が積もって歩けなくなる。

そうなると車道を歩かなくてはならなくて、ずいぶん危険

な思いをする。

ふだんは歩道を歩くのが当たり前で、全く歩道の有り難味

を感じていなかったことに気づくのだ。


 不平不満は、不平不満を感じていなかった「ふだん」が

あるからこそ生まれるものでもある。

不平不満は、気の持ちようによって、そんな気づきを得る

チャンスになるものだ。


気づき
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11704750c.html
『変な人が書いた人生の哲学』斎藤一人 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

別世界

今日は、4時に起きて、京都寄りの大阪に出張してきました。
こちらの朝は、路面がガリガリに凍結して、時折、吹雪いていましたが、出張先は、晴れて雪もありませんでした。
トンネルを通って山を越えるとまるで別世界。
傘を持っているのは、自分だけでした。
こちらではここのところ毎日、長靴を履いていますが、
今日は、履いて行かなくて正解でした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11704712c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
俊孝イメージ
心も体も健康でありたい。
健やかに生活するためにプラスになることについて綴っていきます。

「日めくり」はAmebaブログ「木漏れ日の輝き」より。
http://ameblo.jp/satsukipap/
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 29 650059
コメント 0 3146
お気に入り 0 38

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク