心と体の栄養補給

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/healthy

無理に我慢しない

__________________________

 ショックなことがあれば、がんと跳ね返すよりも、一旦

それを受けてへこみましょう。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.54

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 外圧に応じてしなるほうが、大きな外圧に対して折れに

くい。むしろ、しなりにくいほうが一気に折れやすい。

外圧を受けてしなることで、その力をうまく散らすことが

できる。


 不平・不満を小出しできるほうが、案外、忍耐強くして

いられるのかもしれない。

根こそぎ壊れてしまっては元も子もない。

無理に我慢していなくてもいいのだ。


しなる
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11666295c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

負けることも愉しむ

__________________________

 頑張ってもなかなかうまくいかないからこそ、やってい

て愉しいのです。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.49

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 勝つか負けるかわからないからこそ熱くなれる。

一生懸命にやらないと失敗すると思うからこそ頑張れる。

単純なじゃんけんでも愉しいのは、負けるかもしれないと

いうスリルがあるからだ。

負ければ、今度こそ!という闘志、意気込みが湧いてくる。

案外、負けることも愉しめるものだ。


闘志
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11666136c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

死にもの狂いの戦い

__________________________

 負けることを恐れて戦いに参加しなければ、勝利を得る

ことも出来ないのはたしかです。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.48

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 衆議院が解散し選挙が行われる。

安倍vs小池という構図で民進党がかつてない捨て身の戦術

で戦うことになった。

ずいぶん思い切ったことをするものだ。

政治の流れを変えるために、まさに死にもの狂いの勝負に

出たという印象だ。

どういう結果になるのか楽しみだ。


 負けることを恐れて戦わなければ、勝つこともない。

勝つためには、まずは弱気になる自分との戦いに勝つこと

が大切なのだ。


勝負
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11665767c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

心を熱くするもの

__________________________

 負けても悔しくない勝負は、勝っても楽しくはないので

す。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.46

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 精一杯がんばったことが、うまくいけば泣くほど嬉しい

し、失敗すれば、これまた泣くほど悔しい。

真剣さが、途上にあっても結末においても心を熱くする。


 ドラマは喜劇であっても悲劇であっても中途半端でない

ほうが感動する。


 風呂はぬるま湯で長時間浸かったほうが健康に良いとは

聞くけれど、熱いほうが気持ちがいい。


 人生もほどほどにしていたほうが楽ではあるが、やはり

熱くなれること、打ち込むものがあるほうがいい。


感動
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11665180c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

闘争を挑む

__________________________

 挫折はどんどん味わうべきです。そのためにも、どしど

し闘争を挑もうではありませんか。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.44

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 チャレンジのないところに挫折もない。

精一杯やったほど、敗北したときの挫折感が大きい。

敗北を恐れていては、精一杯やれない。


 ボクシングの試合を見ていると、気迫が強い方が勝つこと

が多い。気迫で圧倒して攻めまくり、相手が一瞬でも怯むと

一気に猛攻撃する。


 一度限りの人生、及び腰ではなく、強気で生きたい。


チャレンジ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11664656c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大学受験

__________________________

 受験で挫折を味わわなかった者は、敢えて皮肉な言い方

をすれば、挫折を味わうチャンスを逃したことになります。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.41

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 最初の大学受験で不合格になった。

高校も受けた大学もそれぞれ違っていたけれど、中学時代

からの悪友たちがことごとく不合格だった。

どういういきさつだったか忘れたけれど、悪友たちと5人

ほどで残念会をして我が家で一泊したことを覚えている。

今思うと、一泊の配慮をしてくれた家族に感謝なことだ。

それから一年、予備校生活が始まった。

小松方面の人たちと親しくできたこともいい思い出だ。


 不合格にならなければ味わえなかったようないろいろな

ことがあった。

自分にとってはありがたい有意義な一年だったと思う。


不合格
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11664227c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

幸福を決めるもの

__________________________

 人生の幸福を決めるのは、実は環境ではなくて心なのだ

とわかります。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.40

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 仕事がないときには、どんな仕事でもあればいいのにと

思い、仕事が辛いときには、こんな仕事はやめたいと思う。

仕事がないことに比べたら、どんな仕事でもあること自体

がありがたいことなのだ。


 同じ境遇でも不幸だと思えば不幸だし、幸せだと思えば

幸せだ。

すべてのことについて、あること自体に感謝する心が幸福

を決めるのだ。


感謝の心
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11663947c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

幸運を得るための布石

__________________________

 精一杯やったにもかかわらず、負けてしまったという挫

折感を味わえただけでも、やった価値はあると思うのです。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.37

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 負けたくて負ける人も、負けた悔しさを味わいたくて負

ける人もいない。

でも、その経験を通して、大きな敗北感に耐える精神力が

身につくのだから、わざわざ望むことではないが、価値が

あると思えば、あってもいいということになる。


 その場では不運でしかないと思えたことが、後になって

それがあったからこそたどり着けたと思えるようなことが

あるものだ。一時の不運が、大きな幸運を得るための布石

になっていることがある。


 すべてのことに意味や価値があると信じていれば、その

ときが来るまでわからなくても、いつかその意味や価値が

わかるときが来るものだ。


価値
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11663669c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

楽しいことを我慢する

__________________________

 楽しいことを我慢して、やらねばならない(と決めた)

ことをやる精神力が身につく

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.37

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 高校受験や大学受験のほか、社会人になっても資格試験

のための勉強がある。


 自分の場合、高校受験のときが、最初の経験でもあり、

不安に感じて、最も熱心に勉強できたという印象がある。

また、計画、実行、評価、改善、いわゆるPDCAサイクルを

受験勉強の中で自然に回していたと思う。


 遊びたいとかテレビを観たいなどの気持ちとの葛藤が常

にあったけれど、それを我慢しながら勉強した。


 楽しいことを我慢して、やらねばならないことをやる。

そのための精神力というのは、そんなことでもないとなか

なか養う機会がない。

受験勉強の大切さは、そんなところにもあったんだと今に

なって思う。


受験勉強
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11663463c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

敗北の経験

__________________________

 精神力というものは敗北によって鍛えられます。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.36

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 誰だって負けたくはないけれど、勝負すればどちらかが

負ける。

負ければ悔しい。

でも、その悔しさが精神力の地固めになって、動じにくい

強さになっていく。


 オリンピックにおいて銀メダルでも悔しがる選手がいる。

銀メダルは、大多数の中での勝者ではあるけれど、金では

ない。金メダリストに負けたということなのだ。


 叱られてめげてしまう人は、叱られた経験が足りない。

打たれ強さを身につけるには、打たれる経験が必要だ。

敗北の経験は精神力を鍛えるためには大切なものなのだ。


精神力
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11663185c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
俊孝イメージ
心も体も健康でありたい。
健やかに生活するためにプラスになることについて綴っていきます。

「日めくり」はAmebaブログ「木漏れ日の輝き」より。
http://ameblo.jp/satsukipap/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 55 642364
コメント 0 3146
お気に入り 0 38

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク