サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/hair-attend

原さんは世界一♪

最近、色々な本を読んだり、

 

コンサートへ行ったりして

 

人生経験豊富なかたと接すると

 

ほんとに、「気付き」が多く

 

ポジティブになれます

 

 

原信夫さんのコンサート、言葉で言い表せない

 

感動でした。

 

 

最後の舞台ということもあり、

 

アンコール演奏が終了した後、

 

会場をじっくり見回して、

 

優しく微笑んでいた姿を見ると、

 

 

「今まで本当にありがとう!いいステージでした!ありがとう!!!」

 

 

という、

 

原さんの気持ちが伝わったように思いました。

 

とても謙虚な姿勢が自然と伝わり、

 

偉大な方がお隣、富山県から生まれたと思うと

 

とっても嬉しかったです

 

 

毎日CD聴いています♪〜

 

全部のJazzミュージシャンを聞いた事はないですが、

 

多分、原さんのJazzが

 

私にとって、世界一素晴らしいと思う!!!!!!!!!!!!

 

 

 



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000005460/p10124188c.html
気まま日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

やっぱり!そうなんやね!

18歳から美容の道を一途に追い続け、早10年ちょっと。(まだ10年?)

 

遠き若かりし頃(今も若いさ!!!)は、とにかく

 

皮膚に最もよい栄養の種類は何か、害のあるモノは何か、

 

どんな美容法が良いのか悪いのか、自分や家族の身をもって試し、

 

そして周囲の人を観察しわかったことがあります。

 

 

私は根っからの田舎育ち。10年間、ドドド田舎の中の田舎に住み

 

海・山・川・虫・土・水・・・大自然の恵みの中で育った

 

からこそ肌で感じる自然の節理を学び、今の仕事に役立つヒントが

 

いっぱい転がっていると無意識に気付いていました。

 

 

今では、「自然派・無添加・弱酸性・オーガニック・ロハス」などの

 

ワードが皮膚や体にとって良いというイメージが強くなっていますが、

 

落とし穴がたくさんあるんですね。(もちろんナチュラルは良いのですが)

 

 

例えば自然の恵み・有機肥料で育った野菜が安全かというと

 

決してそうではない。

 

有機野菜の中でも、使われる有機肥料の中には毒性のあるものも

 

あります。ただ、国から表示指定がないものに関しては無表記で

 

通っちゃうので「無添加」と表記できるというからくり。

 

中には化学性のほうが安全な場合もあるという実情。

 

 

 

美容の世界もおんなじなんですね。

 

そのような中で、どのようにしたら自分の皮膚に合った美容品(化粧品など)

 

を使えば良いか・・・。

 

 

この答えを追い求めて消費者はアレコレと美容品を試すわけなのですが・・・

 

が・・・・・・・・・、これが良くない行為の一つなんだと確信してます。

 

(詳細を述べると文字数が足りないので別の機会に譲ります)

 

 

 

今では、その信念の一つが正しかったんだと目で見て確認できるように

 

なったのですが、まだまだ学ぶ事は多い!!!ホントに多過ぎる!!!

 

 

今年の秋からは、新計画(新研究)を密かに実行するので

 

それが今後、お仕事に生かせれたらきっと地球にも喜んでもらえるだろうな

 

とワクワクが止まりません

 


 

今日の暴風はなんだ====!!!!すごい暴風!!!!

 

外のお仕事の人はご注意くださいm(_ _)m



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000005460/p10116178c.html
気まま日記 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

ワクワクするくらい
風も強くなってますよね(@_@)
研究の成果をお待ちしています。

[ にしけん ] 2009/07/15 13:34:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ホピ物語

非営利団体から一般者の寄付によって発行されている

 

書籍とDVD「ホピ物語/ホピの予言」を購入しました。

 

 

歴史の教科書やテレビ・新聞では一切報じられない

 

実情がリアルに語られ、真実を知れば知るほど

 

「無知ほど残酷なモノはないな」

 

と深く考えさせられました。

 

 

@日本の広島・長崎に落とされた原爆の原料が

 

 インディアンの村の地下資源から採られたこと。

 

 そして、核兵器に使われるとは一切知らされずに

 

 危険な仕事とも言われずに低賃金で掘削作業に

 

 働かされていたこと。

 

 

A今でも居住地区周辺の地下資源をあちこち掘り起こ

 

 され、それに使う大量の地下水を消費され

 

 ホピの村の生活用水・農業用水がカラカラに干上がっ

 

 てしまっていること。

 

 

Bこの地下資源の一部が日本の原子力発電所に使われて

 

 いること。

 

 

C先進国が作った核廃棄物はインディアンの地域に

 

 無残に捨てられ、放射能汚染で深刻な状態になって

 

 いること(政府からの補助はごくごくごくわずか)

 

 

D今でもなお政府から他地域に移住するように、そして

 

 資本主義社会に仲間入りするように迫害を受け続けて

 

 いること。

 

などなど。。。。

 

 

私は思いました。

 

 

まずは現実を知り、理解することが大事だな。

 

そして、なぜそうなるか原因を考えないといけないなと。

 

 

例えば、戦争問題について。

 

「戦争をすると沢山のモノが傷付くからしてはいけない」

 

という表面上のことだけじゃなく、そもそも

 

 

「あれも欲しい、これも欲しい、もっと権力をつけたい

 

 もっと資金がほしい、他より優位に立ちたい・・・」

 

 

そういう、我欲な精神がいけないんだなと。

 

では、なぜ「我欲」に陥ってしまうのか・・・。

 

私が思う1つめの理由は

 

「自分自身に自信がないから。」

 

だと感じました。

 

その自信の源はたくさんあります。

 

中でも、自分の精神力にゆとりがないんじゃないかなと・・・。

 

人を思いやる気持ち、助ける気持ち、譲りあう気持ち。

 

 

そういう、あったかいモノが欠乏してくると

 

「モノに囲まれていないと不安→モノが欲しい欲しい!もっと!」

 

という心情になるように感じます。

 

 

2つ目の理由は、

 

「謙虚さ、感謝の気持ちが欠乏しているから。

 

だと感じました。

 

 

蛇口をひねれば水が出て当たり前、スーパーで買い物袋が

 

与えられて当たり前、新聞が届いて当たり前・・・・。

 

 

 

そもそも水や石油、木材は地球が生んでくれたものであり

 

ヒトのものではありません。

 

 

そういった大切なところが欠落してしまったから、今地球は

 

住みにくい環境になり「早く気付いて行動を起こして」と

 

訴えているように感じます。

 

 

 

まずは表と裏の事情、両方を知る事!

 

そこから一人一人が学び、感じ、どう行動していくか・・・

 

自己責任で自分流に地球の役に立ちたいものです。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000005460/p10114126c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ルリさんイメージ
ルリさん
プロフィール公開中 プロフィール
金沢で髪のお悩み相談室を
営むオーナーブログ。


★ヘア・アテンド★
〜髪のお悩み相談室〜

〒920-0852
金沢市此花街5-6-402A
ライフ金沢第一ビル

(時間)11:00〜
(休日)不定休
*完全予約制

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 8 61830
コメント 0 194
お気に入り 0 5

足あと

[旭川] カームのささやき

おすすめリンク