心と体の栄養補給

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/healthy

先延ばし

____________________________

 私たちは、宿命に翻弄され、夢をあきらめたり、やりたいこ

とを先延ばしにしたりしてしまいがちです。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.183

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 やりたいことをやり続ければ、必ず上達する。


 一流にまでなれるかどうかというのは、資質にもよるので、

どれだけ努力してもかなわないこともある。

そもそも一流にまでなる必要はないのだ。

やりたいことをやることこそが大切なのだ。


 50まで達成できる資質があるなら、50まで達成できれば、

それで十分に立派だ。

ところが、100まで達成できる資質を持っていながら、70まで

の努力しかしないとしたら、それは明らかに怠慢だ。


 さて、自分はどうだろうかと考えてみると、やりたいことを

先延ばししたり、やり始めても怠慢であることが多い。

反省すべきは、やりたいことをやっているかということであり、

自分の資質を100%活用しているかということだ。

今一度、反省したい。


資質
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11576741c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

地道な努力

____________________________

 ふだんから地道な努力をしていると、自分の運命を変えるこ

とができるのです。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.183

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 スポーツが得意な人、楽器が上手な人、外国語が堪能な人、

筋肉が隆々とした人など、いずれもうらやましく思える。

もし、毎日練習を積み重ねるなら、自分もそうなれるはずなの

だが、その地道な努力がなかなかできないものなのだ。


 だけど、毎日地道な努力を続けるなら、どんどんそのスキル

がアップすることは、間違いのないことだ。


 地道な努力を続けるためには、望ましい自分の将来像を思い

描くことをやめないことが大切なのではないだろうか。


地道
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11576234c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

最初の小さな一歩

____________________________

 ぜひ、「自分には無理だ」と思わないでください。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.179

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 やりたいと思っても、やり出せないでいること。

自分にはできないかもしれないと思っていること。

初めから無理だと思っていること。


 思い起こせば、そんなことでもやり出すと、思っていたほど

難しくなくて、できてしまったり、自分ができずに困っている

と、人の力で乗り越えることができたりしたことがある。


 最初の小さな一歩から、人生は大きく変わるものだ。


無理
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11575712c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

納得できる生き方

____________________________

 人生の目的とは、自分が納得できる生き方ができたかどうか

です。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.177

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 仕事一途で社会的に大きな貢献を果たす人、仕事はそこそこ

にして、趣味に夢中になる人、いろいろなケースがある。


 公的なことが成功している裏で、私的なことが犠牲になって

いる場合もあれば、私的なことが充実しているけれど、公的な

こと疎かになっている場合もある。


 当人にとって、どちらが幸せなのかというのは、他人には

とやかくいえることではなくて、本人がそれで納得している

かどうかなのだ。


 自分は自分なりに、納得できるように生きる。

これは、実に大切なことだ。


納得
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11574971c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

夢をもつ

____________________________

 それは、あなたさえ本気になれば、きっと実現できます。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.173

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 今、できそうにないことであっても、夢をもつことが大切な

のだ。少なくとも、その夢を想像するときは、ワクワクする。

ワクワクしていられるだけでも大きな価値がある。

そのワクワクこそ、実現のために最も大切な一歩なのだ。

夢に向かって行動する一歩一歩にも価値がある。


 人生においては、結果も大切だけど、それ以上に、プロセス

が大切だ。

たとえ、思い通りにならなくても、たどったプロセスに人生の

ドラマがあり、感動がある。


プロセス
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11574394c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

恒例の「はなまつり」では 楽しい催しものがいっぱい。

大人気のバザーに販売する品物を
私たち寺院の坊守達が寄付することになっています。

昔は 寝具や食器 おしゃれなバッグや靴など
(もちろん新品)たくさんあり ホイホイきふできました。が。。。押し入れの中には 
新品のギフトなんぞ何にもな〜〜〜い!!

さぁ!困った!
というわけで ヤフオクに入札すること数点。

なんとか10数点の品を落札することが出来ました。

ブランドのカップ&ソーサー、デザートのお皿 
ケーキサーバーなどなどの洋物の他
山中塗りのお盆や 菓子鉢 花瓶や一輪挿しなどの和物も。

昨年は 衣料用洗剤をスーパーでケース買いして
バザーにお出ししました。

バザーの収益金は 今年も災害に遭われたみなさまにお届けすることになっているようです。

オークションのおかげで なんとかバザーに間に合いそう。
ほっ。

[ アウラ ] 2017/03/22 1:00:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

アウラ姉様、おはようございます。

そういえば、最近は、相手の欲しいものを選んでいただこうと
カタログギフトであったり、ビール券であったり、さらには
品物の代わりにお金を包んだり、ということが主流になって
きて、なくてもいいものが、家に溜まらなくなっています。

それにしても、バザーに出すものを買うというのも、まわりくどくて妙なものですね。

[ 俊孝 ] 2017/03/22 6:21:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

恵まれた人生


____________________________

 パートナーがいない人は、パートナーを見つけたりしたら、

不自由になると思っているところがあります。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.169

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 束縛されたくない、自由ではなくなる、経済的に無理だ、と

いうようなことが、結婚しない理由にあげられることがある。

同じような理由で、子どもを求めないこともある。

だけど、それは、当たっているようで、外れている。

相応しいパートナーや子どもが得られたら、そんな理由が問題

にならないくらいに素晴らしいことが次々と訪れる。

人生における時間の重みや喜びの質が全然違ってくるのだ。


 それでもいろいろな問題が起こってくるけれど、それら一つ

ひとつを経験し、乗り越えるところに、人生の深い味わいや、

感動の涙の温もりを堪能することができる。


 実は、そう思えることが恵まれた人生を歩んでいる証なのだ。





パートナー
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11573673c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

人生の目的を決めつけない

____________________________

 じつは、人生には目的があるようで、「そんなものはないん

だ」と考えるほうが健康的です。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.168

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 人生の目的を決めつけてしまうと、それが思い通りにいかな

かったり、あっさりできてしまって、チャレンジする意慾まで

持てなくなってしまうと、気持ちが萎えてしまう。


 本来、生きていること自体に意味があるわけで、そこに何か

目的をつけたそうとするから、行き詰るのだ。


 そう考えれば、人生の目的は、一つでなくてもいいし、随時

変えていっても、決して咎められることではないのだ。


 楽しいと思っていることであっても、楽なわけではない。

困難なことがあるからこそ、それと対峙していくことに深い意味

や価値がある。

困難を乗り越えたところに、大きな達成感や喜びが生まれるのだ。


困難
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11573105c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

やりがい

____________________________

 人が喜ぶかどうかではなく、自分が心から楽しいと感じるか

どうかを一つの基準にしてみましょう。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.165

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 人に喜んでもらえると嬉しいし、やりがいもある。

だけど、人に喜んでもらうことを目的にすると、それが満たさ

れなかったら、やりがいを見失う。


 人のために何かをするとき、その人のためにしていることを

その人に知られなくても、してあげたいと思うことができたら

それは本当に、自分がその人のためにしてあげたいことだ。

でも、その人のためにしていることを、知ってもらわないと

気が済まないとしたら、それは、実は、自分のためにしている

ことになるのかもしれない。


目的
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11572524c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

自分にかけている呪縛

____________________________

 知らないうちにすり込まれた使命感に気づいて、その呪縛を

解くことです。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.163

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 自分がしなければならないと思っていることの中には、案外

自分でなくてもいいことがある。

いつまでにしなければならないと思っていることでも、本当は

もっと融通がきくことである場合もある。


 自分で担がなくてもいいことまで、自分の役割だと思い込み

負担に思いつつもしょい込んでいることがあるものだ。

 喜べない義務感ばかりの使命感は、自分が自分にかけている

呪縛ではないかと疑ってみたほうがいい。


使命感
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11572088c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)


今日は 当地区S小学校の卒業式でした。

ひと月前に 校長先生から招待状をいただき
凜々しく巣立っていく子ども達の姿に会うのを
とても楽しみにしていました。

一寸先は闇とは こういうことなのでしょうか。

隣在所にあるお寺の前坊守さんがお浄土へと還えられ 正午からのお葬ご出仕と重なり 卒業式には出席出来ませんでした。

「一寸先の事も予定どおり 思いどおりにならないのだから
先々の事をくよくよ心配しなくてもだいじょうぶ。
この瞬間を精一杯生きてればだいじょうぶ。」

亡き人から きょうもまた教えていただきました。

[ アウラ ] 2017/03/17 16:26:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

今朝、燃えないゴミを出せる日でした。

壊れたレンジを抱えて所定の場所に下ろそうとした瞬間に
数メートル離れたところにやってきていたお向かいのDさんが
ひとり言のようにボソッと「大丈夫?」とつぶやきました。
周囲の状況からして、それは自分に向けられたものでした。
レンジを抱えるくらい平気だけど・・・と思って家に戻る
途中に気が付きました。
自分の右手に手術痕をガードするためのサポーターをしていたことを。
Dさんが「大丈夫?」と言ったのは、それを見たからだったの
でしょう。
見た瞬間、とっさに出た「大丈夫?」という言葉は
そういう思いやる心が自然に備わっていなくては、
発せられなかったと思います。

車のフロントガラスが凍りついていたある寒い冬の朝、
いつのまにか現れ、解氷スプレーをかけてくださったDさん。
根っから優しい人なんだなと思います。

本当の思いやりは、意識し、取り繕って出すものではなくて、
心底から滲み出て表れてくるものなんだなと思いました。

[ 俊孝 ] 2017/03/18 0:05:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

人の好意 善意に対して素直に感謝できるタイプの人と
同じ行為に対し そのことを疎ましく思うタイプの人。

前者のように 互いに相手を思い遣れる
Dさんと俊孝さん 両方共素敵だと思います。
お手本」にしたいと思って読みました。

自分の事最優先の「見本」。。。また反省反省<(_ _)>


今日は 彼岸春の入りにあわせ
       午後から永代経です。
まもなくお手伝いくださるお同行衆がおいでます。
お茶の準備為なくちゃ〜〜^^^^

[ アウラ ] 2017/03/18 15:43:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

十分な幸せ

____________________________

 人は、生まれて成人して、死んでいく。

 『人生の目的』本田健 大和書房 P.159

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 生まれて生活し、この世を去っていく。

この点においては、他の生物と全く同じなのだ。

しかし、人は生きる意味を見い出したがったり、自分に特別な

役割や存在意義を求めたがったりする。

 人の言葉がわかる犬でも、何のために生きているのかなどと

考えることがあるのだろうか。多分、そんなことは考えない。

 思い悩み自殺する人はいるけれど、自殺する犬がいるという

話は聞いたことがない。

 本当は、人も生きているだけで十分なのだ。

愛情や喜びを行動で表現する犬のように、人も生きて愛情を

表現し、喜んで生きれば、そこに十分な幸せがあるのだ。


人生
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11571561c.html
『人生の目的』本田健 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

「明石家さんま」さんの人としての生き様に感動しました。 

さんまさんは 
幼少の頃から 実母との死別
継母からの言葉の虐待
火事で 弟を失う
壮絶な苦しみ悲しみの場に立たされ
そこから逃げることなく乗り越えてきた

「火事で弟さんを失い 悲しいことでしたね。」
すると
「はい。でも 僕が焼死したら さんまが焼けてもた。
と言われるとこでした。あははは」

即座に笑いへと転じる凄さに驚いたこともありました。

また「お嬢さんのお誕生おめでとうございます。
       いまるちゃん その名付けの由来は?」
との問いかけに

「いまる?   そりゃもう 
  い)きているだけで (まる) もうけ ですわ。」

煩悩なしでは生きられないこの娑婆世界。
     泣いたり 笑ったり の繰り返し。

「障りおおきに 徳おおし・・・」
人生の苦しみが多ければ多いほど 功徳へと転じる。。
さんまさんの生涯を知らされた時
そのように教えていただけたように思います。

有限のこの人生 娑婆世界で生きる限り
      無数の縁に生かされていることに気づかされ
                1歩1歩成長したいものです。

〜〜ご案内〜〜〜

土曜日と日曜日に 春のお参りがあります。 

 聞法して心に溜まった垢を落としましょう。
   極楽タイム 心の銭湯へいらっしゃいませ〜〜<(_ _)>

[ アウラ ] 2017/03/16 14:22:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

アウラ姉様、おはようございます。

「生きているだけでまるもうけ」
これ、いいですね。

生きていること自体がまるもうけなら
すべてのことがまるもうけだと思えるようになります。

[ 俊孝 ] 2017/03/17 6:15:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
俊孝イメージ
心も体も健康でありたい。
健やかに生活するためにプラスになることについて綴っていきます。

「日めくり」はAmebaブログ「木漏れ日の輝き」より。
http://ameblo.jp/satsukipap/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 116 608001
コメント 0 3128
お気に入り 0 38

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク