心と体の栄養補給

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/healthy

それぞれの事情

__________________________

 苦歴は、その人だけのものであり、したがって、その人

を語るもっとも雄弁なものではないかと思うのです。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.34

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 経験の積み重ねが人生に重みをつけて人を成長させる。

苦しみの経験は、そのさ中は厄介ではあるけれど、それを

乗り越えたときに人生の宝にもなる。


 人それぞれであり、それぞれの家庭にはそれぞれの事情

がある。はたからは察しがつかない事情もある。

そう思うと、自分には自分の事情があり、人には人の事情

があるのだから、自分と他人を比べて、どうこういうべき

ことではない。自分は自分、他人は他人なのだ。


 年末が近づいてくると、喪中はがきが来る。

お世話になった方からの家族から届いて驚く。

亡くなる前はどんなふうに過ごされていたのだろう。

気になっていても、そんなことは他人にはわからない。

そこにも察しえない家庭の事情があったということだ。


 それぞれにそれぞれの人生があるものだとしみじみ思う。


苦歴
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11683073c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

生きる勇気

__________________________

 誠実な教師からの愛情のこもったメッセージは、子ども

たちに生きる勇気を与える。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.31

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 教師の言葉の暴力で生きる勇気を失うこともある。

教師にしても親にしても、自分の不安を配慮なく子どもに

ぶつけてはいけないものだ。


 大人の心の不安定を子どもは感じ取る。

不安に対する抵抗力が弱い子どもが受ける衝撃は大きい。


 教師や親の愛情のこもった言葉は、生涯、子どもの心の

支えになることがある。


 不安をあおってコントロールするのではなく、やる気と

自信を育てて自主的に行動できるように導くことが誠実な

大人のすることなのだろう。


言葉
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11682761c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

愛という特効薬

__________________________

 人の心の淋しさを癒やし、人に生きる勇気を与える薬、

それは「愛」と呼ばれます。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.30

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 体が病を患っていても、心が健康であれば、陽気に元気

でいられる。体が健康でも、心が病んでいれば、元気では

いられない。


 多くの家族と暮らしていても、もし、そこに愛が欠けて

いれば、孤独であるし、一人暮らしであっても、愛されて

いるという実感があれば、幸せでいられる。


 「愛」は、まさに生きる勇気を与えてくれる特効薬だ。

愛すれば愛される。愛されていれば、さらに愛することが

できる。


 人にとって一番大切なものは「愛」かもしれない。

愛せるものを心を込めてしっかり愛する。

大切なものをきっちりと大切にして生きてゆきたい。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11682576c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

どのように向き合うか

__________________________

 苦労したおかげで、人生を真剣に考え、人生の意味を深

く知ることができる。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.27

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 葬儀や法事のたびに死や人生について考える機会を得る

ように、病気やケガや仕事でのトラブルによって、健康や

安全や安定について痛切に実感し反省する機会を得る。


 人生は学びのためにあると考えていると、何が起きても

そこに学びを得る材料を必ず見出せる。

不幸に思えることにおいてさえ、むしろ深く思い知らされ

て、学び得ることがある。


 様々なことにどのように向き合うかというところにこそ

人生を生きるということの真価がある。


人生
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11682351c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

生きてゆく

__________________________

 人生とは、ただ「生きる」ことではなく自分で「生きて

ゆく」もの。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.27

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 望んだ道をあきらめることや、病気やケガで不自由な身

になることもある。そんなものとどうつき合って生きるか

というところに、人それぞれの人生がある。


 生まれ育った境遇も自分に与えられたものであり、辿る

人生の道程も自分だけの特有のものだ。

どんな境遇であっても、そこから何を考えてもいいし、何

をしてもいい。どのように「生きてゆく」かは自由なのだ。


 今日という日も、ただ「生きる」のではなく、しっかり

と「生きてゆく」という力強さを持つことが大切なのだ。


人生
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11682046c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

可能性を実現する

__________________________

 教育の目的は、一人ひとりが自己の可能性を実現するこ

と。人それぞれちがう存在ということを忘れてはならない。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.22

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 中学3年の娘は、11月になってようやく受験生らしく

勉強するようになってきた。

それまでの娘は自分が中学生だったころと比べると、勉強

に取り組む時間がかなり少なかった。

おそらく自分の6割7割くらいかもしれない。

だけど、勉強以外の面では、自分と比べてかなり充実して

いたと思う。

 吹奏楽部の活動、ピアノコンクールやコンテスト、合唱

コンクールのピアノ伴奏、運動会の団旗製作、友達や後輩

へのプレゼントの製作など、そんなところが充実していた

し、賞や称賛を得るほどになかなかの才能を発揮してきた。


 何に関心を持ち、何に情熱を注げるかは、人それぞれだ。

娘もどこに進学してもいいと思う。そこからが大切なのだ。

自分の可能性を開拓して自分らしく実現していってほしい。


教育
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11681745c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

心から語りかける優しさ

__________________________

 存在についての心の病の特効薬は、相手に心から語りか

ける優しさ。そして、本人も自分がたいせつと信じて生き

ること。

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.19

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 人は食べて栄養を摂るだけでは、生き生きとしていられ

るわけではない。生き生きとして生きるには、心にも栄養

が必要だ。


 自分の存在を疎ましく思うような心の病にかからなくて

すんでいるのは、自分を愛情をもって育ててくれた親とか

親しく語りかけてくれる周囲の人たちのおかげなのだ。 


 自分に語りかけてくれる周囲の人たちの優しさに感謝の

思いを抱きながら一日一日を過ごせるものでありたい。


心の病
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11681382c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

小さな心遣い

__________________________

 こういう小さな心遣いが、相手に、自分では気づかなか

ったおのれの価値に目覚めさせることがある

『どんな時でも人は笑顔になれる』

渡辺和子 PHP P.14

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 町内に教員をされていた方で80代後半でありながらも

今でも「先生」付けで呼ばれている方がおられる。

資源ごみ回収の日、町内のごみ集積所に行くと先生がもう

一人の方と立ち話をされていた。

こちらから「おはようございます」と挨拶すると、振り向

かれて「おお、おはよう」と返された。

続いて「久しぶりに顔を見たな」と言われた。

その言葉は、ありきたりではあるけれど、その言葉の中に

一人一人をそれぞれ個人として尊重される姿勢を感じ取る

ことができた。さすが「先生」だと思った。


 目の前の人を、単にその他大勢のうちの一人としてみる

のではなく、その人個人としてしっかり受けとめてみると

いうところに、その思い、心遣いが伝わるものなのだ。


個人
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11680881c.html
『どんな時でも人は笑顔になれる』渡辺和子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

優先順位

__________________________

 人生における優先順位の選択は非常に大切なことだと

思います。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.203

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 人の言葉の真意を確かめないで、勝手に想像したことを

あたかもそうであるかのように思い込んで行動したあげく

に、そうでなかったことがわかるということがある。


 自分のみならず他人まで巻き込んで時間や労力を費やし

たことが的外れだった場合、それがなければ本来なすべき

ことをなす機会を自分も他人も損失したことになる。


 まずは真意を確かめるということが重要なのだ。

まず何が求めれていて、そのために何を先になすべきなの

かを明確にすることが効率的な問題解決につながっていく。


 思い込みだけで行動しないようにしたい。

行動は、思いつき、ひらめきも大切であるが、それさえも

優先順位を考え計画的に順序立てて進めるようにしたい。


思い込み
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11680502c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

人生を考える節目

__________________________

 はたしてこのまま人生を終わっていいのだろうか。

『鋼のメンタル』

百田尚樹 新潮新書 P.197

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 いよいよ1月で定年になる。人生を考える節目だ。

仕事について振り返ってみると、辛いこともあったけれど、

後半は、マイペースでやりたいようにやれたように思える。

現在の盛況も試行錯誤を繰り返してようやく生み出した商品

がまさに主役になっている。

開発においても生産においても苦労した甲斐があったのだ。

いい仕事をしてきたのだと満足できる。


 さあ、これからどんな人生にしようか。

ここまで来たら、後はけっこう好き放題なような気がする。

愉快に楽しんで生きたい。


定年
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000006244/p11680193c.html
『鋼のメンタル』百田尚樹 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
俊孝イメージ
心も体も健康でありたい。
健やかに生活するためにプラスになることについて綴っていきます。

「日めくり」はAmebaブログ「木漏れ日の輝き」より。
http://ameblo.jp/satsukipap/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 20 644385
コメント 0 3146
お気に入り 0 38

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク