のんびりキルトライフ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/countryyumemi

あんのおしゃべり総集編



★2002年1月3日の日記より


 …僕のメールに少しでも耳をかたむけてくれるなら、この世界日本の故郷の本来ある姿を考えて欲しい。


 というメールが年末に届いた。

 とても答えにくい内容なので、少し時間をおいてみた。

 教育に関わっている方なので、今の若者の現状を知るにつけて現実の世界を憂えている、という感じだろうか。



 2000年を過ぎて、世界は様々な変動期に入っている。私は、マイナーな情報をとりこむのが好きなので、チャネラーものもたまに読む。それから、シュタイナーの描く魂の世界にも関心がある。現実的視点の背後にある、本質の世界に興味がある。


 それは星の王子様のいう、「大切なことは、目に見えないんだよ」にも通じてくるような気がする。


 地球は今までに何回も転換点を迎えてきている。それは何かというと、文明が発達し、科学が人を作り出し、神と言われる存在に近い技術を持つようになった人間達。その人間が文明、科学技術を正しい用い方をすることができるまで、精神を向上させることができたか、それともそれらを自己のために悪用するのか…の臨界点にきている。その象徴たる出来事の一つがテロ事件である。(これは、私が読んだ本の集大成かな)



 自然もまた、地球の環境汚染を通して、訴えてきている。地球という惑星もまた、今転換点を迎えている。たとえばオゾン層の破壊を通して、温暖化を通して、地球の地軸の変化を通して、さまざまな異常気象を生み出す中で、人々に目覚めるように気づきを促している。


 テロ事件があった時に、私もまた自分を見つめなおす機会となった。私か、今できることは何なのだろう…。


 ニューヨークまで飛んで行って、何かするってこともできなかった。募金活動ぐらいはできただろうけど、そういう目先のことだけではなくって、これからの時代を生き抜いていくために私のできることって、何だろうと思った。


 世界を塗り替えるような、真理は存在しない。


 核爆弾を落として、世界を破壊して、やり直すわけにもいかない。


 宗教が、倫理が、教育が、思想が、心理学が、世界を仕切りなおすことができるだろうか…。それとも、今はやっている精神世界が人々の心を塗り替えてくれるだろうか?


 私にできることは、私という個人が、成長していくことしかないかなって思う。個人が家庭を作り、家庭が地域社会を作る。地域社会が、国を作り、国が世界を作る。私が、生きる生き様を子どもたちが見て学んでいる。私が関わる人たちが私との出会いで何かを感じてくれたら、と思う。何かといったとしても何かを伝えられるほど得ているわけではないけどね。


 ただ、清純派で通しているあん、だけど、人並みに恋愛もすれば、ここには書かないけど人並みではない体験も少しはある…。思春期に自殺の手記をよみあさって「生きる」ことを考え続けていた、私。


たぶん、人はみなひとつとして同じ人間ではないから、出会いを通して、何かしら互いが学びあえるようにできているような気がする。何故って、魂の根源ははただひとつ。宇宙の源からきているから。その魂が個別化して、学ぶために肉体を得て、この地球という場所に時を同じくして、出会っているのだから。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11639379c.html
あんのおしゃべり | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

フィルター


情報があふれている今日ですけれども


人は、その情報を編集して受け入れています。


たいていは自分が可愛いいですから


自分にとって都合のよいように解釈して受け入れています。


ですから、その情報を受け入れるときの


フィルターがとても大事な役割をもってきます。

本来、そのフィルターとは


必要な情報だけを“取捨選択して取り込む”ために


用いられるものなのだと思います。


そして情報を、感情を交えずに


客観的に処理することが大事なのだと思います。


ところが今あふれている情報を


どのように処理したらよいのかわからないまま


受動的に受け入れ、スポイルされている人々も


多いのではないでしょうか。



かつて日本に生きる人々は、


世間体というものを気にしていて、


家長制度のような封建的な教えに縛られて生きていました。


それが民主主義の到来によりかつての価値観が崩壊し、


資本主義のような欧米の価値観がはびこり、


何を重んじて生きればよいのかわからなくなってきています。


そのような背景の下、親になった人々は、


世にあふれている育児書を片手に


右往左往しながら育児に取り組んでいます。


核家族化がすすみことで親から子へと伝えられてきた、


子育ての知恵も分断されつつあります。


そうなるとその人自身が持っている価値観のもとに


子どもだちは育てられることとなります。



そして子どもたちはその親の映し鏡のような


現実の中を生きていくようになります。


それは自我が、自らで判断するようになる頃までは、


一番影響力を持つことでしょう。


また、その人自身の思考する力が育っていかなければ、


その後も、周りにスポイルされ続けていくことでしょう。


引きこもりをする人々、欝に悩まされる人々とは、


自分を取り囲む現実に適応できないことの表れでもあります。


けれども現実を変えることはむずかしくても、


自らのあり方と対応を変えることで


どのような現実をも乗り切れるようになっています。


自分が変われば、世界が変わるとはそのようなことを


意味していますから。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11625970c.html
あんのおしゃべり | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

出会い《夢を綴るその15》


夢が実現する重要なポイントは、出会いですよね。


これは求めたからといって出会えるものではありません。



私の場合は、百徳キルト作家である、師との出会いが


キーワードになってきます。


私の中にある、二つの夢“手作り”と“フリースペース”は


最初は二者選択の立場にありました。


それがこの出会いによってひとつになりました。



金沢に江戸時代から伝わる百徳は、


親が子供の健やかな成長を願い、


近隣の百人から端切れをもらいはぎあわせて、


着物に仕立てているものでした。


百徳着物の伝統を百徳キルトとして伝承していく形にしているのが


私の先生になります。



昨年、ねんりんピックのイベントにて


はじめて百徳キルトのイベントを手伝うこととなりました。


今年は、岐阜で行われる先生の百徳キルトの作品展に


一緒に作品を展示させていただくことになりました。



私は語る言葉を持っています。


百徳着物に込められた想い・・・それこそが


私の語りたいものでもあるんですね。



百徳キルトについてのブログはこちら・・・




goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p10375085c.html
あんのおしゃべり | コメント( 4 )

素敵な出会いだったのですね〜♪
出逢いって宝だと思います!!

もちろんanneさんに出会えた事も私の宝です+(*´∀`)b°+°

[ 励まし系占い師・彩花 ] 2011/03/04 16:30:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

ホント、出会いはその人の人生の宝ですね
大事にしたいものですね♪

[ ako ] 2011/03/04 16:59:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆彩花さん

私も彩花さんと会えてよかったです(^0^)
ネットがなければ出会えないところでしたよね。

[ anne ] 2011/03/04 20:07:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆akoさん

出会いがもたらしてくれるものは多々ありますよね。

[ anne ] 2011/03/04 20:08:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
anneイメージ
赤毛のアンに憧れて育ちました。
出産後、手作りを本格的に始めて、
フリマ、委託ショップ、ネットショップの後、パッチワーク教室を始めました。
子育てアドバイザー
引きこもり支援相談士

COUNTRY夢見:
http://yumemi.littlestar.jp/


前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30