のんびりキルトライフ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/countryyumemi

KHJ全国ひきこもり家族会連合会北陸会


10月定例会が行われました。
ひきこもりの家族、当事者、支援者が15名集まり、
それぞれの近況や思い悩んでいることが語られました。

こちらの会に参加するときには、私も元引きこもり経験の家族として
おもいのたけを語ることができます(^^;

自助の会というものの大切さを感じます。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11780325c.html
引きこもりおよび発達障害児への支援 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

発達障害・気になる子・保護者への理解と支援



放課後児童支援員の研修を受けてきました。
今回は、興味のあるテーマでしたので、
同僚ともに、かかわっている子どもたちを思い浮かべながら、
耳を傾けました。

ひきこもり、発達障害にくわえて、
児童の発達に関する研修を受ける機会が、
今年になって増えてきました。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11780155c.html
引きこもりおよび発達障害児への支援 | コメント( 2 )

そうなんですね。
私も関わったことがありますが、最近発達障害の子どもさんが増えてきていると聞いたことがあります。小さいうち専門の通所施設に行かれた方が表情や言葉に変化がでるように思います。

[ kokoまま ] 2018/10/07 21:32:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆kokoままさん

コメントありがとうございます。
子どもたちをとりかこむ環境が変わり、子どもたちの育ちにも
いろんな影響をあたえる要因も増えてきていますから、大変です。

[ anne ] 2018/10/08 7:26:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ひきこもりサポーターフォローアップ研修



弟がひきこもりとなったのが22年前のこと。
あの頃は、どこに相談に行ったらよいのかもわからなかったし、
どのようにサポートをしたらよいのかもわかりませんでした。

昨日は、ひきこもりサポーターフォローアップ研修に参加して、
当事者、家族の立場でサポーター活動をされている方々と
ひきこもり支援の活動についての話をすることができました。

今回参加できなかった方たちともつながり始めていて、
新しい居場所の情報を教えていただいたりもしています。
まだまだ、光が見えない方々が多い中、こうした活動の輪を広げていきたいものです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11778827c.html
引きこもりおよび発達障害児への支援 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
anneイメージ
赤毛のアンに憧れて育ちました。
出産後、手作りを本格的に始めて、
フリマ、委託ショップ、ネットショップの後、パッチワーク教室を始めました。
子育てアドバイザー
引きこもり支援相談士

COUNTRY夢見:
http://yumemi.littlestar.jp/


前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31