のんびりキルトライフ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/countryyumemi

〜ファミリー・シークレット―傷ついた魂のための家族学〜


たとえば結婚生活の中でトラブルが長く続く時、
ふたりは無意識のうちにそのことに同意している。
それぞれの無意識の同意は、必ずひとつの結果をもたらす。
無意識のレベルで両人を心地よく保とうとするのである。
「私は逃げる役、あなたは追いかける役」
「近づきすぎた時には、わたしは戦うわよ」
「僕が命令されるほう、きみが命令するほう」
「ぼくが壁を作るから、きみがそれを壊す」というものなど、
典型的な無意識のレベルでの両者の契約だ。
 夫婦はまた、ある特定の部分に敏感になることを学び、
無意識のうちに、そうした危ない場所から
注意をそらすことに同意する。
その同意ができてはじめて、ふたりはお互いに見捨てることもなく
見捨てられることもなくうまくうまくやっていけるだろうと
安心するのである。両者が避けるべきものについて同意した時、
彼らは秘密を分かち合い、錯覚を共有したのである。

      〜ファミリー・シークレット―傷ついた魂のための家族学〜



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11783790c.html
今日の気づき | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

無意識の領域を意識する



人々が受動的に、情報を得るばかりで、考えることをしなくなりました。
その希薄な意識しかもたなくなった人々が、
メディアを通して知らされる事件をそのまま演じてしまいます・・・・
まるで、洗脳されてしまったかのように
人々は考えないで行動してしまいます。
そのようなことであって欲しくはない、ともちろん思っています。

そのような無意識による支配は、意識的に排除して
私らしく、自己実現する人生を取り戻すことが必要なのだと思います。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11783284c.html
今日の気づき | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

シンクロナイズ



たとえば、過去に受けた傷、起こったことがフラッシュバックする。
考えないように封印していたとしても、それはその人のありように
無意識ながら影響をあたえているものであったりするものである。
そうした無意識の領域のあるものが、
箱庭のように、なんらかの形で見える化するプロセスを経て、
その人が向き合うことができるようになったとき、
初めてその過去は、「あってはならないもの」とか
「その人に猛威をふるうもの」としてではなく、
過去というアルバムの中に整理された写真のように、
わるさをしない、記憶の中に収まることができるようになるものである。

そのプロセスは、同じ体験を持つ仲間によるピアサポートとよばれる
つながりの中で生じることもある。
回復に向かうプロセスは、療法という決められたスタイルの枠組みに

とらわれなくてもよいのかもしれません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000007699/p11782068c.html
今日の気づき | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
anneイメージ
赤毛のアンに憧れて育ちました。
出産後、手作りを本格的に始めて、
フリマ、委託ショップ、ネットショップの後、パッチワーク教室を始めました。
子育てアドバイザー
引きこもり支援相談士

COUNTRY夢見:
http://yumemi.littlestar.jp/


前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31