サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/toshiko

憧れの「乙女寿司」さんへ行きました!

憧れの「乙女寿司」さんへ行きました!



北國新聞文化センター企画の「登志子のランチ検索」でした。

   


ミシュランひとつ☆で「予約の取れないお寿司屋さん」です。



事前に、大将に取材させていただきました。


高価な食材を使えばいくらでも美味しいお寿司はできます。

でも、それは職人の本来の仕事ではないと思うのです。

次は両親を連れてきたい。友達を連れてきたい。

そう思える寿司屋を目指しています。


とても謙虚で、

そして、日々の精進をなさっている姿勢に感銘を受けました。



   

めっちゃ・・わかりにくい場所なんですよ


   

えっ? ここにこんなお店が?

みたいに・・・突然現れるんです




大将の目の行き届くだけの8席のカウンターとお座敷4席です。

「木の冷蔵ネタケース」が並んでいます。

   



大将の鶴見さんは・・・

超〜〜〜イケメンで・・・しかも、すご〜〜く感じイイんです


わたしが一番感じ入ったのは

お寿司を握った時に、最後に2本指でそっと押さえるしぐさでした。

(美味しくなりますように!)みたいな大将の願いが込められているように思えました。

ふんわりと空気を一緒に握ったような「シャリ」が素敵でした!

   


スマホで撮ったので・・・・

ご本人は、数倍イケメンです



怒涛の握りです!

   


   


   


   


   


   



ほんまに・・・ほんまに・・・・美味しかったです!


関東から金沢へ転勤でいらした方が

「金沢で食べたお寿司の中で一番美味しかったです!」とおっしゃってました


みなさまとこういう時間を共有できて・・幸せでした







次回のお知らせです。
ミシュラン3つ☆の山崎さんです。

どうか、ご一緒できますようにと願います。

   







憧れの「乙女寿司」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11590426c.html
おでかけ | コメント( 7 ) | トラックバック( 0)

おはようございます。
おお〜!これは店構えからしてワンランクもツーランクも上のお店になりますね。
かなり敷居が高そうです。
金沢と言えばお寿司のイメージがあります。
北陸の新鮮な魚介類で握るお寿司は絶品の味わいでしょう。
お店の中の様子も良い感じで高級感が漂っております。
わたくしもこういうお店に行けるようになりたいです。
う〜ん!お寿司が無性に食べたくなってきましたわ。

[ さすらい ] 2017/04/19 4:55:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

登志子さん、こんにちは。
ああ、この職人さんは、丁寧な、いい仕事をしておいでですね。

食べよくあるように入れた刃。ネタとしてしあげる過程もきれい。
しゃりのつや、ふっくらと握った様子、口に運ぶのに丁度の姿で、形に無理や気取りがない。
いいお寿司だなって一目で思います。

いい時間を、皆様で共有して。大将も嬉しい思いで、握り続けてくださったと思います。
笑顔の共有できる距離感、空気を感じました。

前記事の:ローリングストックとしては短く1ヶ月ごとに入れ替えしているような(笑)我が家です。うふふ。

[ 過労死予備群 ] 2017/04/19 11:50:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

まさに隠れた名店とでもいったところですねw
海老も鮪も鯵も雲丹も・・・そして烏賊の飾り切りが美しい♡
炙りも美味しそう〜(≧∇≦)/

そういえば、久しくお寿司を食べてなかったな。。。

[ ばんしい ] 2017/04/19 14:31:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆さすらいさん ありがとうございます(^^♪
 わたしも、初めて伺いました。
 大将の握るお姿に感動でございました。

 金沢は「回転寿司」さえ・・・・感動なんですよ。
 こんな素敵な町に住んでいることにひたすら感謝です。

☆よびちゃん ありがとうございます(^^♪
 よびちゃんに↑こう言ってもらえたら最高です。

 わたしね、口に入れた瞬間ににんまりと笑ってしまったんですよ。
 そしたら、それを大将がちゃんと見ててくださって・・・にっこりでした。
 こういうのがカウンターの醍醐味ですよね。

 ローリングストック1か月とは・・・早っ!

☆ばんしいさん ありがとうございます(^^♪
 憧れの名店でした。
 なかなか予約が取れないんですよ。
 新幹線がつながってからは、関東からのお客様の方が多いらしいです。

 あ、でも「きときとさん」もいかったでしょ(^^♪
 

[ 登志子 ] 2017/04/19 23:41:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

どれも絶品だったのでしょうね〜
登志子さんの嬉しそうなお顔か目に浮かぶようです
お腹がグーと鳴っています(笑)

[ akoakko ] 2017/04/20 18:21:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

んまぁ〜〜、なんて美しいお寿司なんでしょう。
芸術です!

そして大将の言葉。
じーんときました。

[ ゆか ] 2017/04/20 21:03:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆akoakkoさん ありがとうございます(^^♪
 でへへ・・・口に入れた途端に
 (むふふ)て笑ってしまうほど美味しかったです♪
 普段こんなお寿司屋さんへは行かないので、大感激でした。

☆ゆかさん ありがとうございます(^^♪
 敷居が高いかと思いきや・・・
 とっても素敵できさくな大将で、ご参加の皆様も大満足でいらして
 わたしが…感動でした!

[ 登志子 ] 2017/04/20 21:52:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

憧れの「小松弥助」

小松弥助」さんといえば、日本を代表する名店です。
東の「すきやばし次郎」,西の「小松弥助」とも称されておりました。

「一度行ってみたい」と思いつつ・・・あかんかったんですよ
何度お電話しても席が取れず・・・
そのうち閉店されてしまわれました


ところが、
半月ほど前からまたお店を開いてはるという情報が・・・
でも、「一見さんお断り!」でして・・・・



ところが
知り合いが
「予約とってあったけど都合悪くなって行けなくなった」
「登志子さん,行く?」って2週間ほど前に連絡くれて
「行きます!行きます!」二つ返事でした。

   




一品目は「まぐろのヅケ」でした。

   

日本海側に住んでいると、それほど「まぐろ」を重視しませぬ。

ましてや赤身など・・・・

ですが・・・このまぐろのヅケは別格でした。


素材を吟味して、手間をかけるとこんな風に仕上がるんだなと感動でした。





おおぉ〜〜〜!
憧れの森田さんです!

   

いかの身を「3枚」におろしてはりました。

「2枚目よりも3枚目やね」とのセリフ。

いつか雑誌で読んだ通りのことをおっしゃってました。


3枚にそいだいかを、さらに細く切った「いかの握り」

   

いかは柔らかいし、シャリの具合もほどよくて

ひたすらうっとりでした

すし飯に空気がふんわりと含まれているんですよ。

だから、口の中でネタとシャリがとけるような感じがします。


ちなみに、この日のお皿はすべて大樋長左衛門作でした



怒涛の握りでした。

  


     


    


  





〆は、ねぎとろです。

びっくり

ほんまにさっきの大トロを出してきて、白髪ねぎと一緒にたたいてくださいました。

   


   


海苔もわさびも最高でした

お醤油を使ったのは、これだけです。

残りのお鮨は、塩やツメが塗られている江戸前です。



お鮨が美味しかったことは言うまでもないのですが

森田さんの握る所作の美しさに目が釘付けでした。



お茶しか飲んでなかったのですが

お鮨で酔っぱらった」気分になりました。







帰りに「予約」お願いしてきました。

一番近くで空いていたのは・・・6月の中旬でした。



憧れの「小松弥助」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11582422c.html
おでかけ | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

登志子さん、おはようございます。
小松弥助! ご当主が80を越えて、お店を閉められた、と聞きました。
金沢新幹線の開業から一年を記念して、紹介客だけの限られた人数で、金沢のためにと立ってくださったと聞きました。

そうでしたか。
変わらぬ美しいお寿司を、調えてくださるのですか。
おそらく、85を越えられているはず。
その方が、三枚におろし、手ずから叩いて、巻いて、手巻きで〆にする。
健やかであることの、素晴らしさを思います。

いいお話を聞かせてくださって、感謝です。

くすくす…今度からは登志子さんが、紹介してくださる!
心踊るお友達が、沢山、お待ちになる。
幸せな出会いの輪が拡がる。ご当主にとっても、ありがたい話と思います。

登志子さん、ぜひ又、次の季節の話を聞かせてくださいね。

[ 過労死予備群 ] 2017/04/05 7:35:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

・・・写真を拝見するだけで、うっとり♡です(♡♡)
いかの透明度みたら美味しいのがわかります!
まさに、怒涛の握り(^^)w

〆のネギトロ・・・それだけでも食べたい(><)

[ ばんしい ] 2017/04/05 12:18:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆よびちゃん ありがとうございます(^^♪
 さすが!情報通でいらっしゃいますね。
 わたしは、長年の憧れのお店だったので感激ひとしおでございました。
 シャリの空気感が絶妙で・・ほぉ〜〜〜っとため息でました。
 
 美味しいものを知り抜いているよびちゃんにこそ
 味わっていただきたい名店だと思います。

☆ばんしいさん ありがとうございます(^^♪
 ずっと行ってみたかったお鮨屋さんだったんです。
 念願かないました。
 すんばらしかったです!

[ 登志子 ] 2017/04/05 23:11:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

沖縄旅日記6 おみやげ編

沖縄の食文化は、興味津々で
おみやげもあれこれと買い込んでまいりました。

まずは、塩フリークのわたしのことですので・・・・

   

今回は、出かける前から「欲しい塩」が決まっておりましたので

目移りすることもなく「目的の塩」をさがしてささっと買ってまいりました。

少し粗目のものを選びました。




店頭でお味見させてもらったら美味しかったので買ってみました。

「ソーキそば」のおだしにしてみるつもりです。

   



右端は、「ちんすこう」の新バージョンです。

   



島らっきょと青いパパイヤも買いました。

   


海ぶどう

   




お茶

パッケージの裏を見て、何が入っているのかきっちりチェックして買いましたよ。

   




泡盛と琉球ハブボール

   




知り合いに1缶ずつ配ったら・・・めっちゃ・・・ウケました

   



万座毛の中に、こんな看板ありました。

   

普通に生息してるんですかね?



こんな瓶も見かけました。

   





長くお付き合いくださって感謝でございます。
「沖縄旅日記」これにて終了でございます。
ありがとうございました。


沖縄旅日記6 おみやげ編
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11578308c.html
おでかけ | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

青パパイヤ、大好きですねん。
なかなか新鮮なのは入手困難です。この泡盛 美味しい!

[ まんご ] 2017/03/27 17:47:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

お塩がいっぱい(^^)w
「雪塩」はあたしも持ってますよ〜
粒子が細かいから天ぷらの抹茶塩などに使っていますw
おだしも名前を見ただけで、美味しそうって思っちゃう(笑)

海ぶどうもスーパーで売ってるけど、高いしちょこっとしか入ってないんですよね(><)
本場の海ぶどうを食べてみたいです〜!!

さんぴん茶は娘が中学の修学旅行から持って帰ってきました!
ハブエキスが入ったハイボールだから・・・ハブボールwww
命名された方はセンスありますね〜(笑)
おもしろ〜いww

あー!!沖縄ますます行ってみたくなりました(≧∇≦)/

[ ばんしい ] 2017/03/28 12:53:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

こんばんは。
買い込みましたね〜〜〜(笑)
でも、この気持ちすっごくわかります!
沖縄の食文化には私もすっごく興味があります。
やっぱり一度足を運ばなくてはいけませんね。
その時は登志子さんの旅行記、参考にさせていただきます☆

[ のりえ ] 2017/03/28 22:46:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆manngoさん ありがとうございます♬
 お店の方に「一番青いパパイヤ」を選んでいただきました。
 でもね・・・・切ってみたらすでに甘いのだったんですよ(T-T)
 お漬け物にしたのですが・・・
 美味しかったけど
 沖縄で食べたモノとは大違いでした!

☆ばんしいさん ありがとうございます♬
 雪塩は、おまけでちょうだいしました。
 粒子が細かくて、天ぷらなどのつけ塩にはぴったりですよね。
 この雪塩のちんすこうも美味しかったですよ。

 海ぶどうはプチプチでしたし,さんぴん茶も美味しくいただいています。
 ばんしいさんがお酒飲める方だったら「ハブボール」お送りするのですが・・・・

☆のりえさん ありがとうございます♬
 全国を旅されているのりえさんですのに
 あら?沖縄はまだですか?
 お料理上手ののりえさんですから、
 沖縄はきっと楽しいですよぉ〜〜〜♫

[ 登志子 ] 2017/03/28 22:53:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

沖縄旅日記5 がちまやー編

がちまやー」っていうのは,
沖縄の言葉で「食いしん坊」っていう意味だそうです。

満を持しての・・・わたしの本領発揮日記でございます。



知り合いに
毎月沖縄出張へ行かれる方がありまして
その方に,「事前情報収集」してありました。

ですので、「夜ごはん情報」はバッチリでした!
シーフード専門店、本格琉球料理店、居酒屋さん・・・と習っておりました。

ココの「オトナの飲み放題プラン」がイカしてるんですよ。

   

たくさんのワインボトルが並んでいて(スパークリングや白は当然冷え冷えです)

好きなだけ好きなボトルをグラスで飲める仕組みでした。

きゃぁ〜〜〜


コチラのお店では「絶対に牡蠣を食べな」と言われていたので

   


他のお品も,全部本当に美味しくて・・・


〆に「うにのパスタ」お願いしました。

大きな「しゃこの貝殻」に盛りつけてありました!

   

美味しいぃ〜〜〜





2日目は、「本格琉球料理」をいただきました。

タクシーの運転手さんさえ知らなかった隠れ家料理屋さんでした。

美栄さん

   


手をかけた素敵なお品が,琉球漆器にのっかって出てきました。

   


   



ジーマミ豆腐の弾力なんて・・驚きでしたよ

   

お箸で持ち上げられました。



クーブイリチー

昆布の煮物

わたしは昆布屋の回し者なのですが、こういう調理法は知りませんでした。

   



〆の豚飯(ジューシー)だしかけ

   


添えてあった青パパイヤのぬか漬けが最高でした!

   


デザートは、黒糖寒天とさんぴん茶。

   




3日目は、居酒屋さん「赤とんぼ


なんてたって「オリオンビール」

   


泡盛をお願いすると

もれなく・・・こういうセットが出てきます。

   


もずくの天ぷら

   


島らっきょとゴーヤの天ぷら

   


塩テビチ

   

豚足のおでん・・・・でした!びっくり


ミーバイのお造り

   

市場で見かけた真っ赤なお魚です。

今まで食べたことのないグニュッとした不思議な食感でした。



ラフティー(豚の3枚肉・・豚バラです)

   



石垣牛のお寿司

   


紅芋のサラダ」

   


イカスミのソーメンチャンプルー

   






追記


沖縄そば(ソーキそば)

   

そば粉の入っていない「おそば」


もずくパン

   


ブルーシールのアイスクリーム(紅芋)

   



観光バスのコースで食べた「沖縄ごはん」

   





沖縄って・・・美味しい




沖縄旅日記5 がちまやー編
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11576652c.html
おでかけ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

『びーちゃー』になりませんでしたか?:大笑

沖縄、おいしいですよね!

西宮[ tyu2 ] 2017/03/25 2:07:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆tyu2さん、ありがとうございます。
「びーちゃー」って「酔っぱらい」という意味だったんですね。
 (´∀`*)ウフフ

 泡盛って、不思議に「さわやかに」酔えるようなきがいたしましたことよ!

[ 登志子 ] 2017/03/25 23:30:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

沖縄旅日記4 首里城編

沖縄最終日は、観光バスに乗りました。
世界遺産や戦跡をまわりました。



まずは、お決まりの首里城です。

模型で見ると,こんな感じだったらしいです。

   

はぁ〜〜〜!なんとなく想像できますよね。


わたしが見てきたのは


   


      

      



   


   


   



お庭は,こういう雰囲気でしたよ。

   

ソテツでございました!


   


   


町を一望するロケーションでした。

   


赤瓦が印象的でした。



前日に見た「勝連城趾」が、イメージできました。

沖縄のお城って、こういうんだったんですね。



このあと、

観光バスに乗って

旧海軍司令部壕、平和祈念公園、ひめゆりの塔と連れて行ってもらいました。

カメラは持っていたのですけど

とてもとても・・・写真に残す気持ちがなかったです。

70年前に,ここが戦地になって尊い命がたくさん奪われてしまったこと・・・


とっても申し訳ないのですが・・・忘れておりました。


本当に申し訳ない気持ちばかりでした。

今、わたし達が平穏に暮らせるのは

こういう尊い犠牲があったからこそなんですよね。

心からお悔やみとお礼を申してきました。





このあと「沖縄ワールド」へ連れて行ってもらいました。

「玉泉洞」という美しい鍾乳洞を歩いてきました。

1967年に大学生の探検部の方によって見つけられたんだそうです。

戦争の時に、この鍾乳洞の存在がわかっていたら

どんなにたくさんの方々のお命が救われていたことでしょうか・・・・


この日は、

本当にしみじみといろんな事を思いました。





   





沖縄旅日記4 首里城編
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11576623c.html
おでかけ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

登志子さん、こんにちは。
沖縄旅日記を、楽しく拝読させていただきました。

ああ、首里城の修理が終わったな、とか、万座毛はこの時期、まだ静かかな、とか。(ニッコリ)

島の形が変わるほどの艦砲射撃を受けて、たくさんの犠牲をささげて、本土を守るための捨て石のように扱われたと島の古老がいわれる沖縄。
登志子さんがカメラを向けられなかったお気持ちが、解ります。

70年前の海軍司令部あとに行かれたなら、「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と軍司令が残した言葉もお読みになられたことでしょう。
その願いがかなわず、今も基地の島であり続けていることに、哀しい気持ちで、申し訳なくて、私も旅をしてきました。

平和を護るとは、とても重い言葉なのだと、自分に繰り返しました。登志子さんの願いとお詫びの気持ち、私もそう思います。

万座毛から空に手をのばせば、そこには美しい「ニライカナイ」(幸せな常世を意味する沖縄の言葉)があるといわれていて。地下壕に火炎放射で逃げ出した人たちは、せめて、ニライカナイを目指したいと、あの丘の上にたどり着きたかったけれど...との言葉に、胸がつぶれそうでした。
万歳クリフと一緒で、飛び降りるだけのことしかできなくても、そこに祈るしかなかったという話をきけば、今も基地と暮らすことの残酷さは、伝わります。
聞き語りであっても。それを忘れないで、次の世代に伝えなくてはならないと、願います。
登志子さん、いつか、小さい人に教えてあげてくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。

[ 過労死予備群 ] 2017/03/27 16:37:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆よびちゃん ありがとうございます(^^♪
 よびちゃんの言葉で語っていただくと、さらに重みが増します。
 太田司令官が海軍次官にあてた電報は、確かに読みました。
 海軍の一番偉い方でさえ「沖縄県民の悲惨さ」を訴えてらしたのですから
 その当時は言語を絶する状況だったのでしょうね。
 胸が苦しくなりました。

 ずっと語りつないでいかねばなりませんね。

 いいコメントをちょうだいできました。感謝です。

[ 登志子 ] 2017/03/27 16:56:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
登志子イメージ
毎日のごはん日記とお弁当日記。大好きなお花のことを書いています。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 24 1238616
コメント 0 17817
お気に入り 0 113

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト