サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/toshiko

柚子の砂糖漬け

金沢は、雪が積もりました

我が家は、犀川の河岸段丘みたいな場所にあるので
雪が吹き溜まりみたいになるんです。
同じ金沢市内でも、ことに雪が深いです

ダウンタウンから車で10分ぐらいなのですが
タクシーの運転手さんでさえ
「え?なぜ?こんなに雪が?」って言わはるんですよ



お庭の柚子が、雪でダメになる前に・・・・と摘みました。

   

↑周りの「白」は…「」でございます!



柚子の砂糖漬けを仕込みました。

まずは、横半分に切って種を取ります。

あとは、ひたすら・・・・ひたすら・・・・薄切りにします。

   



この作業って‥腕に来るんですよ。

柚子の皮って、やわらかいわけでもなく、固いわけでもなく・・・・

それが、腕の負担になるんですよ



このボウルがどれだけ大きい直径かをわかっていただくために包丁を置きました。

   




刻んだら、この後は同量のグラニュー糖を合わせるだけです。



ヨーグルトやバタートーストにのせたり

お肉の焼き汁に混ぜてお醤油と合わせてソースにしたり・・・

おせちにも入れます。





青かぶを手に入れました。

かぶらずし第2弾の仕込みです。   
   

皮をむいて、横半分に切って深く切れ目を入れて

4%の塩をまぶして重石をかけます。



とかなんとかやっておりましたら

お夕飯の支度が出来ず・・・・



今晩は、予定していたものが全然作れませんでした。

   



毎年言うてますけど

雪が降って唯一うれしいこと!

   





柚子の砂糖漬け
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11690440c.html
あれこれ | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

こんばんは。
日本海側ではかなり雪が積もっているとニュースでみました。
冷え込みもかなりでしょうね、体調を崩されませんように。

これだけ大量の柚子をカットするのは
本当に大変だったと思います。
でも、自分のお庭でとれた柚子でつくる砂糖漬けは
格別でしょうね!羨ましいです。
こんな風に冷やせるなんて、最高ですね!

[ のりえ ] 2017/12/15 0:54:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

おはようございます。
登志子さんでもそんな日もあるのですね。
予定してたものを作れないっていうことも!
わたくしは頭で考えててもついつい手のかからない料理に変更したりすることは頻繁に起きております。
でも何とかショボい料理でも頑張って揃えるようにしております。

[ さすらい ] 2017/12/15 4:56:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

尼崎の朝も昨日は雪でしたw
っていっても、うっすら雪化粧程度ですけどね(^^;
寒いのが苦手なので、冬は嫌いです(><)
ただ。。。干し柿だけは冬しか食べられないので、それだけが唯一の楽しみです(笑)

[ ばんしい ] 2017/12/15 13:17:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

我が家も卯辰山のすぐふもとなので、結構、街なかなのに雪が積もるんですよ。

そんな雪をふみしめながら、華やかなレンタル花柄着物にロングブーツ姿の観光客のお嬢さんがたが行き来しています。
観光客のみなさん、雪歩きも楽しそうですよ♡

[ ゆか ] 2017/12/15 15:24:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆のりえさん ありがとうございます(^^♪
 当地は、雪が降るんですよ。
 太平洋側の冬の晴天って・・・・・信じられません( ;∀;)
 
 うちの柚子なので、愛着がひときわで・・・がんばりました!

 雪でワインを冷やせることだけが・・・・うれしい( ;∀;)

☆さすらいさん ありがとうございます(^^♪
 時間が足りなくて・・・・・
 逆算して早めに始めろよってとこなんですけどね・・・・

 お仕事帰りに、ささっとごちそうを並べられるさすらいさんはすごいです!

☆ばんしいさん ありがとうございます(^^♪
 干し柿を、上手にお料理されてますよね。
 あなごとの組み合わせなんて、ばんしいさんの所で初めて見せてもらいましたよ。
 わたしは、市田柿をバターとサンドにして冷凍しました。

☆ゆかさん ありがとうございます(^^♪
 ゆかさんは、観光地の真ん中にお住まいですもんね。
 生活するのはご不自由もおありでしょうけど
 うらやましいです♪

[ 登志子 ] 2017/12/15 22:38:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

怒涛のお料理教室(^^♪

12月に入ってから、
怒涛のお料理教室の毎日です


金沢市企業局の「クリスマスのお料理教室」が2日ありました。

企業局さん主催ですので、ガス器具を駆使して作ります。
魚焼きグリルにダッチオーブンを入れて「ローストビーフ」作りました。
ガスオーブンで、グラタン焼きました。
とっても簡単にできちゃうんですよ。

   


別の日。

同じメニューですのに、盛り付けに個性が出ますよね。

   


来週は「簡単おせち」です。

なんと!
定員16名様のところ・・・100人弱のお申し込みがあったそうです。

すご〜〜〜〜い




そして、今日は北國新聞文化センターのお料理教室でした。

午前、午後、夜とトリプルヘッダーでした



午前は、「洋風おせち

数日日持ちがして、冷めても美味しいものを作りました。

   


デザートは「ゆずジュレのせパンナコッタ

   

これが大好評でして

みなさん「もうおなかいっぱいで食べられない」とおっしゃていたのに

ペロリ

でへへ・・・・自慢のレセピなんですよ




午後は「いわしづくし

大羽いわしをお一人25匹手開きしていただきました。

   

「いわしだけ、でこんなにいろいろ作れるんですね」と感激していただけました。





夜は、同じ職場のみなさまがおいでくださいました。

このグループの皆様は、もう4年も来てくださっています。

だから「お久しぶりです!」がご挨拶なんですよ。

こういう風にお会いできることに感謝!感謝!です。

「去年のアレ・・・何度も作っています!」とか

「パエリヤは、もうレシピ見ないでもできます!」とか

うれしいことをおっしゃってくださいます

   

わたしが舞い上がっていたので・・・↑写真がぼけてしまいました







好きなことを仕事にさせていただける幸せをしみじみと思っています。





お料理教室レポート
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11688612c.html
あれこれ | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

おはようございます。
好きなことをしてお仕事とされてる!
ほんと羨ましいですわ。
わたくしは嫌いな仕事をもう30年も続けておりますよ。
今の仕事をリタイヤしたが食に関する仕事をしたいと思っております(笑)
料理教室…凄いですね。
100名越えの応募があったとは凄いと思います。
しかも今回は1日3回とはかなりお忙しかったでしょう。
嫌いな仕事だとそうもいきませんわ。

[ さすらい ] 2017/12/09 6:22:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

いくら好きな事とは言え、ハード過ぎますわ。
ご無理なさいませんように‼

パンナコッタに柚子味。これは興味津々‼
作るわ〜〜(*゚∀゚*)

[ まんご ] 2017/12/09 9:04:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

登志子さんの教えてくださるお料理は、本当にわかりやすくて、
しかも本格的に美味しい!!
みんさん、喜ばれたことでしょう。
わたしも、登志子さんのシェパーズパイはレシピを見なくても作れるようになりましたよ♡

[ ゆか ] 2017/12/09 11:48:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆さすらいさん ありがとうございます(^^♪
 そんなさみしいことを言わんといてくださいよ。
 さすらいさんしかできないお仕事だからこそ
 30年続いてはるんだと思います。

☆manngoさん ありがとうございます(^^♪
 正直・・・めっちゃハードです。
 でもね・・・楽しいんですよ♪

☆ゆかさん ありがとうございます(^^♪
 うれしいことを言うてくださいます!
 ありがとうございます♫

 昨日は
 思いがけない出会いがございまして、ゆかさんとつながりました。
 うれしいです!

[ 登志子 ] 2017/12/10 21:53:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

お料理教室!目白押し

11月と12月は、みなさまお忙しいでしょうに・・・

なぜか?
お料理教室のご予約がいっぱいなんですよ。
(毎年、こんな感じです)

「午前、午後、夜」(違う献立)と1日に3回の日もあるんですよ。


スケジュールと献立が、他のお教室と混同しないように
何度もチェックして食材のお買い物へ行っています。


先日の「今さら聞けない和食の基本」
(↑すんごいタイトルですよね。)

   


お米の洗い方とか、簡単だしの取り方とか、包丁の引き方とか・・・
知ってるようで知らないちょっとしたポイントなどお話ししました。

みなさま、とても熱心にうなづきながら聞いてくださって
わたしの方が緊張気味でした






ゆうべは、「クリスマスのおもてなし料理」
毎年、この季節に
同じ職場の方々がそろってきてくださいます。
(来週にも、別のグループの方々が来てくださる予定です。)

スーツの若いお兄さんたちが
上着を脱いで腕時計をはずして・・・・包丁持ってくださいました。

   


   


毎年、このお料理教室をお世話くださっているNさんが

「先生、この本読みましたか?」って貸してくださいました。

   

ひゃぁ〜〜〜!

知らんかったこといっぱいでおもしろいです。








レシピブログ「暮らしのアンテナ」に、
「カマンベールとクリームチーズの燻製」載せていただきました。






お料理教室!目白押し
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11685921c.html
あれこれ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「ひろず」と「フィリョース」

テレビ金沢さんの「となりのテレ金ちゃん」
「仰天コロンブス」のコーナーでポルトガルのお菓子を作りました。

27日の放送だったんですよ。




金沢では、
がんもどき」のことを「ひろず」って呼ぶのです。


かなざわの「ひろず」ってこんなに大きいのです。

   


1人当たり1/4で十分です。

   






で、なぜ?「ひろず」なの?


実は、その語源は
ポルトガルのお菓子「フィリョース」から来てるんだそうです。

わたしが勝手に言ってるわけじゃありませんよ。
金沢大学の先生のお言葉です。

江戸時代、キリシタン禁制だったので
ポルトガルのお菓子は作れなかったのだろうと思います。
(材料も、手に入りにくかったのでしょうね)
それで、そのお菓子に似たものをお豆腐で作ったのでしょう。





番組では、
そのもとになったポルトガルのお菓子「フィリョース」を
わたしに作りなさい・・・・と・・・

でも、わたし
そんなお菓子見たことも食べたこともないし



で、ポルトガル協会にお電話して
京都のポルトガル菓子店をご紹介いただき、レセピをもらいました。

ポルトガルのお母さんたちが
ご家庭でこしらえるのだろう素朴なお菓子です。

材料は、バターナッツかぼちゃ、卵、中力粉、オレンジのしぼり汁だけです。
ところが、この配合が難しくて・・・
いただいたレセピ通りに作ったら、どろどろになってしまって
気温とか湿度とか関係してるのでしょうね。
ポルトガルと日本じゃ・・・・違いますよね。



何度か、分量を変えて試作しました。

おおおぉ〜〜〜〜

   

似てるやん


ホンマに仰天でした!



かぼちゃとオレンジのやさしい甘さなんです。

(お砂糖は、全く入っていません)

仕上げに、シナモンシュガーをまぶします。




こういうのを「文化」っていうんでしょうね。

おもしろいなぁ〜〜〜って感心いたしました。







この放送とは全く関係ないのですが

諸般の事情から、今晩「ひりょうず」揚げました。
(わたしは「ひろず」でも「がんもどき」でもなく「ひりょうず」と呼びます)


   

堅豆腐を使うと、水切りもせずにすぐにできます。

フードプロセッサーに

堅豆腐と卵白と調味料入れてが〜〜〜っとまわします。

あとは、にんじん、れんこん、ごぼう、きざみ昆布、銀杏など混ぜます。

そして

アイスクリームディッシャーでくるんと丸めて揚げるんです。


揚げたての熱々に、お塩つけて食べるのが好きです

   




「ひろず」と「フィリョース」
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11685295c.html
あれこれ | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

地方によって呼び方違うんですよねー

あたしはがんもどきですが、「ひろうす」と呼ぶ地方もあるみたいですねw

最後のひりょうずの写真美味しそう♡
取り出して塩つけて食べた〜い(*´艸`*)

[ ばんしい ] 2017/11/28 3:08:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

おはようございます。
確か大阪では「ひろうす」って呼ぶと思います。
最近はなかなか使う機会が少なくなった食材の一つですね。
わたくしもほぼ使うことがありません。
ちょっと昔チックな懐かしい食材のイメージですわ。
揚げてるのは初めて見ました。

[ さすらい ] 2017/11/28 4:48:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

登志子さん、おはようございます。

おお、飛竜頭ですね。
精進料理のごちそうですね。大好き。

素朴な家庭のお菓子。卵白で、ふっくらさせて、粉をあげるドーナッツのようなおやつ。最後にお砂糖をふってみるお菓子。
世界中で喜ばせてやろうと、ある、嬉しさですね。

かぼちゃがはいっているのは、初めてみました。これはご馳走ですね。

かぼちゃが豆腐にかわり、宗教の垣根を超える。その間の物語りも知りたくなりました。(ニッコリ)

[ 過労死予備群 ] 2017/11/28 7:08:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

すっごーーー!

西宮[ tyu2 ] 2017/11/28 9:08:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆ばんしいさん ありがとうございます♫
 「文化」ですよね。
 すごいことだなって思いました。

☆さすらいさん ありがとうございます♫
 豆腐を揚げるんですよ。
 大量の油でふわっと揚げると・・・・美味しいのです!

☆よびちゃん ありがとうございます♫
 文化人類学ですよね。
 よびちゃんだったら,もっと詳しく分析してくださるだろうっていう分野でした。
 
 やさしい甘さに・・・ポルトガルのお母さん達の思いに至りました。

☆tyu2さん ありがとうございます♫
 こういうのを「文化」って呼ぶのでしょうね。

[ 登志子 ] 2017/11/28 23:10:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ホシサン☆白だし

「ホシサン☆白だし」のモニター当たりました

   


普段から「白だし愛用者」です!

なので、このホシサンの製品も使ってみるのが楽しみでした。


まずは、「だし巻き

   

贅沢に「かに身」を混ぜて巻きました。

卵の色がきれいに仕上がるところがうれしいです。


たらの白子茶碗蒸し

  

茶碗蒸しの生地は、「卵:昆布だし=1:3」です。

そこに、白だしで軽く味をつけて蒸しました。

仕上げに、銀あんをとろりと流しました。

白だしを使った銀あんなので、卵地も白子もきれいに透けて見えます。


  銀あん  だし200cc 酒、みりん、白だし各大さじ1 水どき片栗粉少々



煮ものも同じです。

白だしを使えば、素材の色の邪魔をしません。

えびしんじょのレタス巻き

   



和え物も、きれいに仕上がるし、しっかりだしの風味もきいています。

えのきだけの海苔梅和え

   

簡単で、安くて、美味しいです

作り方は コチラ




和テイストだけではなく

ドレッシングに使っても美味しいです。

ミニトマトとアボカドのサラダ

   

ドレッシングの作り方は コチラ





「白だし」を使うと、お料理が美しく仕上がるばかりではなく

かつお、こぶ、干し椎茸のおだしの風味が重なります。


「ホシサン☆白だし」は、特に少量でしっかり風味をきかせることができました。




九州熊本の味噌・醤油醸造元ホシサン☆ファンサイト参加中 


ホシサン株式会社   



ホシサン☆白だし
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11681911c.html
あれこれ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
登志子イメージ
毎日のごはん日記とお弁当日記。大好きなお花のことを書いています。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 238 1311611
コメント 2 18590
お気に入り 0 113

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト