サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/toshiko

うちのトマトでピッツァ(^^♪

畑仕事1年生です。
トマトを植えてみたものの・・・いびつで傷もあって・・・
なので
たくさんトマトソース仕込みました。

そのトマトソースをしいてピッツァ焼きました。

   

手前は「トマトとバジル」のマル〇リータ・・・・・つもりです。

(またまた・・・・禁止語句と注意されてしまいました

赤ではなくて黄色トマトをのせました。

奥は、大人のピッツァ。

ゴルゴンゾーラです。

もちろん、ワインには最高の「あて」でございます。




前菜は、フルーツと海鮮にしました。

   

桃、いちじく、甘エビ、ほたて(ブロッコリのスプラウト)


メインは、「鶏の低温ロースト 橙のソース」です。

   

鶏のもも肉をフォークなどで数か所刺しておいて

10%の塩糀をまぶして30分ぐらい置きます。

その後、弱火のフライパンで30分ぐらいかけて両面を焼きます。

低温でじゅわじゅわと熱を入れていくので

お肉がとっても柔らかく仕上がります。


その時出てくる肉汁に、

少量の白だしと橙のマーマレードを加えて煮詰めたものをソースにしました。


橙のマーマレードは

天下のほ助ちゃんが作ってくださったお品です。

   


やさしい甘さが鶏肉にからんで最高でした。

小さい人が「お肉おかわりください!」と言うておりました。

美味しかったのね







食卓 



うちのトマトでピッツァ(^^♪
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11650497c.html
ごはん 洋 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

お揚げさんで「焼きカプレーゼ」

新作です。
お揚げさんで「焼きカプレーゼ」

   






「新作」とかエラそうに言いましたけど

材料は・・・これだけ

   

稲荷ずしを作る時のお揚げさん

トマト、モッツアレラチーズ、バジル。


お揚げさんの端っこを切って3種詰めます。

   



口を、爪楊枝で止めます。

オーブン皿に並べます。

   

200℃に予熱しておいたオーブンで、20分ぐらい焼きます。

油揚げが薄く色づいてくるくらい焼いて下さい。




トマトは熱で柔らかくなってるし

熱でしんなりしたバジルも、スパイシーさが出ています。

モッツアレラチーズは、とろ〜〜んととけています。


仕上げに、トマトソースやジェノベーゼをかけてくださいませ。

   

醤油やソースもいいかもしれません。


白ワインのアテでございます (わたしだけか?






お揚げさんで「焼きカプレーゼ」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11646829c.html
ごはん 洋 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

揚げとトマトの組み合わせ・・・和なのか洋なのか(笑)
どんな味がするんでしょう〜
すご〜く興味しんしんです(*´艸`*)

[ ばんしい ] 2017/08/14 14:14:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

おはようございます。
とろ〜んととけたモッツァレラに
火がはいって甘味が増したトマト、
すっごく美味しそうです!!
ほんと材料もシンプル、素敵なアイディアの1品ですね。

[ のりえ ] 2017/08/15 8:18:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆ばんしいさん ありがとうございます(^^♪
 正直に申しますと、お揚げさんが半額だったんですよ。
 なので・・・何かできないかしらん?と思って
 詰めて焼いてみました。
 油揚げとチーズは相性がいいことわかっていたので
 それに、トマトとバジルを足してみました。
 美味しかったですよ♪

☆のりえさん ありがとうございます(^^♪
 おでんの巾着・・・みたいですかね?(笑)
 思いついて作ってみました。
 意外なことに、美味しかったんですよ♪

[ 登志子 ] 2017/08/15 20:44:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ランプ肉で「ローストビーフ」

昨日
スーパーのお肉売り場で「半額ランプ肉」を見つけたんですよ。
霜降りではない赤身肉なので
一晩、すりおろしたまねぎマリネしておきました。

今日は、それをスキレットで焼きました。

煙が出るほど空焼きしたスキレットを弱火に落とし
お肉の片面を焼きます。
1分ぐらい待ってひっくり返して、さらに1分ぐらい。
そしたら、スキレットを火からおろしてふたをして5分。
そのあと、バットなどの網の上にお肉を置いてさらに5分ぐらい休ませます。
肉汁が落ち着くのを待って切り分けます。
それだけです。
(書くと簡単なのですが、慣れるにはちょっと時間かかります)

   

お肉の芯には火が入ってるけど赤い・・・・を目指します!

ソースは、

お肉をつけておいたたまねぎと醤油、バルサミコ酢、はちみつを煮詰めたものです。




カプレーゼ

自家産自家製セミドライトマトとうちのプランターのバジルです!

自慢!自慢!

   





アボたこ

   

ゆでたことアボカドを合わせて

レモンと白だしで和えただけなのですが・・・・・うんまい







食卓 



ランプ肉で「ローストビーフ」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11645886c.html
ごはん 洋 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

おはようございます。
これは肉食獣のわたくしにとってはたまらない画像ですね。
美味そうです。
って言うか…いくらでも食べれてしまいそうな勢いでしょう。
これをアテにワインですか。
これはほんと羨ましい食卓ですわ。
およばれしたいです(笑)

[ さすらい ] 2017/08/11 9:05:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

登志子さん、こんにちは。
わぁ、美味しそうなお肉。
カプレーゼ自慢も、いただきました(笑)。
素敵な食卓に、ゴックン!です。

前記事の消えたコメント、がっかりされたことでしょう。謎はつきませんね。

本日、私のblogで、二つの記事で、お名前とリンクを頂戴しています。美味しくいただいています。ありがとうございます。

[ 過労死予備群 ] 2017/08/11 16:09:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

たまねぎに一晩(≧∇≦)/
お肉が柔らか〜くなるんですよね!!!

カプレーゼも美味しそう(*´艸`*)
バジルを足すと彩りもきれいで食欲をそそりますねw

アボたこ。。。和風な感じかしら〜ww
これはマネッコしてみようと思います〜(^^)/

[ ばんしい ] 2017/08/11 17:55:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆さすらいさん ありがとうございます(^^♪
 お肉を焼くって、本当にシンプルな調理法なんですけど
 意外に奥が深いと思うのですよ。
 切り口がロゼ色だった時の感動は何とも言えませぬ。
 思わず「やったぁ〜〜!」って言ってしまいます。

 これには、やっぱワインでしょ!(´∀`*)

☆よびちゃん ありがとうございます(^^♪
 なぜ?あかんかったのかわからない状態で消えてしまうんですよ。
 その語句を指摘してくださるといいのに・・・

 そんなにトマトがお好きだとは存じ上げませんでした。
 素敵な偶然に大感謝です。
 美味しく召し上がっていただけて本当にうれしいです。

☆ばんしいさん ありがとうございます(^^♪
 安いお肉を、すりおろしたまねぎとオイルで1晩マリネしておくと
 お肉が柔らかくなりますよ。
 肉肉しいオージービーフなどでお試しくださいませ。

 アボたこは、気合い入れてお勧めします。

[ 登志子 ] 2017/08/11 22:16:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

重ね煮ラタトイユチキン

畑仕事1年生です!

でも、収穫があります! 感謝です

   

大きさはまちまちですし、不格好ですし、傷みもあります

でも・・・大事な収穫なんですよ。


大量のトマトは、160℃のオーブンで90分焼きました。

   

水分が飛んで甘味が凝縮されたセミドライトマトになりました。



とうもろこしを10本いただきました。

まとめて、皮ごと蒸しました。

   


7本分まで、身をはずしたのですが・・・・そこで・・・力尽きました

   





野菜を楽しむために「ラタトイユ」しました。

重ね煮」方式です。


まずは、鍋の底に塩をぱらぱらとふります。

あとは、どんどん切った野菜を重ねていきます。

気を付ける点は

地面の上にできるものを底に、地面の下にできるものを上に!

普通考えるのと逆なんですよ。

そして最後にまた塩をふります。

お鍋にふたをして、弱火で40分ぐらい煮ます。

びっくりするほど水が上がってくるんですよ。

そしたら、やはり弱火で別に焼いたチキン、トマト缶を加えて

塩胡椒で調味したらできあがりです。


オリーブオイルも加えていないのですが

チキンの脂で十分です。

わたしは、最後にバジルをどっさりと加えています。

   


とうもろこしのピラフと盛り合わせました。

   





セミドライトマトを、再度焼いて熱々にしてからモッツアレラチーズのせました。

「焼きカプレーゼ」のイメージです。

   




メロンと桃に、コッパのせました。

   








食卓 


「うちの野菜!」ごはんでした







重ね煮ラタトイユチキン
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11641821c.html
ごはん 洋 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

ご無沙汰しています!いつも美味しいものばかり!いただきたいです!

京都[ ヘアーステージ オーツー ] 2017/08/03 15:18:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

こんばんは。
採れたて新鮮なお野菜がいっぱいの夕食ですね!
ドライトマト、甘味が凝縮して美味しそうです!
↓再現ディナーに感動しちゃいました。
さすが登志子さん。素晴らしすぎます☆

[ のりえ ] 2017/08/03 20:44:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆オーツーさん ありがとうございます(^^♪
 うれしいコメント感激です。

☆のりえさん ありがとうございます(^^♪
 低温のオーブンで焼くと
 水分が蒸発した分だけ甘味が凝縮されると思います。
 ほんまは・・・天日干しが最高なんですけど・・・・

 なんちゃって「再現」してみました(汗)

[ 登志子 ] 2017/08/03 22:46:14 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

再現ディナー

素敵なディナーチケットをもらって贅沢させてもらったので

で、「何かお礼しますよ!」と申しましたら

「再現してください!」ということでしたので・・・・

まねっこしてみました。




輪島の鯵のタルタル アボカドきゅうりソース

   


ロワイヤル(洋風茶碗蒸し)

   

ばい貝は、割って炙りました。

パセリのソースの代わりに

ジェノベーゼをオリーブオイルでゆるめたものをかけました。



とうもろこしのかき揚げ 生ハムのせ

   

レストランでは、サマートリュフがたっぷりとのってました。

そんなん・・・うちにないし



2種のトマトに富山産のぼたんえびをサンドウィッチにしました。

   

北海道産のぼたんえびに比べると、ずっと小さいのですけど

ぷりっぷりで美味しいかったですよ

   

底のトマトは、低温のオーブンで90分焼いて水分飛ばしたので甘いですよぉ〜〜



万願寺唐辛子のうなぎ白焼き詰め ごぼうソース

   

レストランでは「ベアルネーズソース」がかかってました。

そこまで作る気力がなかったので‥松田のマヨネーズです


ここまでの食卓 




めばるのポワレ じゃがいものクルスティヤンうろこ仕立て


うろこの形に抜く抜型を持っていないので…ペットボトルの蓋使いました

   

ですので・・・うろこよりもずっと直径が大きいです


「すましバター」の代わりに「ココナッツオイル」塗りました。

   

これを冷蔵庫へ入れておきます。

ココナッツオイルは24度以下で固まるので、

うろこのじゃがいもがくっついてくれるんですよ。


食べる時に、テフロン加工のフライパンで焼きました。



ベルモットソースも作りました。

フィユタージュ(パイ)生地は、冷凍庫に常備しております。

   

小さい人も「美味しい(^^♪」と言うておりました




デザートは、桃のコンポートです。

お昼から仕込んで冷やしておきました。

   

うちに「てんさい糖」しかなったので・・・・

そしたら、

せっかくの白桃が・・・・茶色になってしまいました


桃の煮汁をゼリーにしました。

レストランでは、桃の煮汁がシャーベットになってました。


でも、お味は良かったようで・・・

   





さすがに

今晩は

わたしは作り手とサーブでした。

午後中がんばってたのですが

フレンチは・・・・一人ではなかなか難しいです




みんな「美味しい!」と連発だったので…良かった





再現ディナー
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000011296/p11641482c.html
ごはん 洋 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

わ〜(≧∇≦)/
すばらしい出来ですね(^^)ww
さらっとこういう料理をマネッコしてしまう登志子さんww
さすがです!!ステキ♡♡♡

白桃のコンポートを食べたいわ〜っw
だって。。。小さい人の表情が美味しさを物語ってますもん(笑)

[ ばんしい ] 2017/08/02 0:45:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

おはようございます。
さすがですね。
こういうのをサラっと作られてしまうところがプロの料理研究家って感じです。
わたくしがいくら修行を積んでも無理ですわ。
こういう料理が外食で食べる物!
そう決めてる方が多いと思いますよ。
しかし一つ一つの料理の素晴らしさと同時に品数の多さ!
これももう圧巻ですわ。
尊敬します。

[ さすらい ] 2017/08/02 4:34:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

まあ、なんて優しくて気が効くお嬢とお兄ちゃんなんでしょう〜‼

そして、それを再現してください、とおっしゃるのもうける‼

そしてそして、これだけのお料理を完成できる登志子さん、素晴らし過ぎる〜‼

[ まんご ] 2017/08/02 6:04:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

なんて素敵なご家族なんでしょう!
登志子さんのおうちの中には「愛」がいつもあふれていますね。

プレゼントも素敵だけど、それを再現できちゃう登志子さん、すごすぎます〜

[ ゆか ] 2017/08/02 9:21:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

登志子さん、こんにちは。
わぁ、前記事の。ポールボキューズのディナーを贈るご家族に、まずは拍手!!

ご両親のお誕生日に、結婚記念日にって。それは家族の始まりが6月であることを、大事に思うご家族の気持ちですね。

...そして、今年は、登志子さんが、元気を取り戻して、家族のもとに戻ってこられたお祝いもまた、その気持ちに加えられたと思います。
メルシ...には、そんな気持ち、全部が込められておいでなのではないでしょうか?(ニッコリ)

そして、そのお料理の再現を、あっさり望むご家族の大胆さ(笑)もまた、好きです。
本店の素敵料理まで再現されて! それも登志子さん流の工夫が施されて。今の時代にあわせたヘルシーさを兼ねそろえたフレンチとは、なんとも素敵です。

そして、これを、おひとりで。仕上げられるとは。
さすが、見込まれて、アシスタントをされておいでと、感服です。

おお、小さい人は!
このお食事をして、にこにこ美味しく召し上がったとは。
あはは、小学生になる頃には、きっと、お味の意味がわかるようにお育ちでしょう。楽しみです。

いい毎日でしたね。本当に、お元気でよく笑える夏になって、良かったです!!!

PS. 遡っての記事で。manngoさんが寄せてくださった、優しい言葉に、登志子さんの還された過分なお言葉に、感謝です。
私は、登志子さんを慮って、manngoさんがお母様のことをお話しくださったお心根に、胸うたれました。
お二人のご友情の素敵さに、ニコニコしています。そのお二人に混ぜていただいて、嬉しく、ありがたく存じます。

[ 過労死予備群 ] 2017/08/02 15:21:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

☆ばんしいさん ありがとうございます(^^♪
 さらっと作っているわけではではないのですよ。
 いろいろ調べて確認しています。
 ただ、実際に「食べた」という強みがありますから(笑)

 せっかくの白桃を白く仕上げられなかったのが…
 痛恨でした(涙)

☆さすらいさん ありがとうございます(^^♪
 身に余るお褒めに…恐縮でございます。
 食べた味の記憶があるので、
 かなり近く再現できると自負しております。
 でも、プロの技ってありますからね・・・・

☆manngoさん ありがとうございます(^^♪
 いい子たちばかりで、わたしの方が感謝でした。
 お外で美味しいものを食べると刺激になりますよね。

☆ゆかさん ありがとうございます(^^♪
 おかげさまで、大ご馳走食べることができました。
 えりちゃんのサービスも最高でした。
 さみしくなりますね(涙)

☆よびちゃん ありがとうございます(^^♪
 おかげさまで、日常に戻ることができました。感謝です。

 その上、こんなご馳走までいただけました。
 感謝って、何か特別なことがあったから感謝するわけではないのですよね。
 今あるこの現状に感謝するんですよね。
 そのことが、よ〜〜〜くわかりました。

 小さい人には「三つ子の魂百まで」を信じて仕込んでおります。
 このヒトが、将来いろんなものを食べた時に
 本物を見分けてほしいなと願っています。

 いつも素敵なコメントをありがとうございます。
 それを、いつも丁寧に読み込んでくださっているmanngoさんにも感謝です。
 こういう風につながっていることに、心よりお礼申します。
 

[ 登志子 ] 2017/08/02 23:22:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
登志子イメージ
毎日のごはん日記とお弁当日記。大好きなお花のことを書いています。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 401 1268278
コメント 3 18147
お気に入り 0 113

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト