マネーアドバイザー  KUROSUKE

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/kurosuke

今日はこれ! 〜農産物価格高騰の余波〜

CFPファイナンシャルプランナーくろすけが選ぶ今日の日経新聞の注目記事はこれ。

 

3面。投資資金の流入による農産物の国際相場が高騰しているという。デフレ下における国内企業は最終製品への価格転嫁は難しく収益を圧迫しているという。

 

砂糖。ニューヨークの粗糖先物相場は現在1ポンドあたり28セント前後。半年前の2倍、30年ぶりの高値圏にあるという。大日本明治製糖や三井製糖など製糖会社は軒並み値上げを実施するという。

大豆の国際相場は半年前の比べると34%高くさらに先高観が強いという。食用油の価格は上昇、4四半期連続の値上がり。家畜用飼料メーカーも11年1〜3月期の飼料価格を引き上げるという。

半年前からの価格を比較すると小麦が41%、コーヒー54%高くなったという。

 

影響は食品に限らず綿花が半年前比49%上昇。11年8月期に最終減益を見込むファーストリテイリングは綿花の高騰が重荷になるという。

さらにタイヤメーカーは天然ゴムの高騰(半年前比25%高)が収益に影響するという。

 

世界的な金融緩和のマネーよる農産物価格高は長期化が予想され、デフレが続く国内企業の収益圧迫要因となりそうとのこと。

 

 



商品価格 株式投資 FP 金沢
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000012261/p10327368c.html
株式投資 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

昨日はお疲れさまでした!また大いに語りましょう!資源や農産物の高騰はリーマンショック前の状態と同じ流れですよね。企業が価格転嫁できるまで時間はかかるでしょうが、やはりインフレ兆候がでてきてます。今後の流れとしては、金融緩和⇒資源価格高騰⇒資産インフレ⇒株価暴騰⇒資産効果で景気回復をメインシナリオをと見ています

[ おりょう ] 2010/11/28 11:25:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

おりょうさん。昨日はたいへんありがとうございました。

新興国でのインフレ傾向がどんな形でデフレ懸念のある先進国に影響してくるか、注目ですね。

次回のテーマとしますか?

[ くろすけ ] 2010/11/28 16:13:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
今日はこれ! 〜震災後のエネルギー〜
今日はこれ! 〜米量的緩和、終了?」
今日はこれ! 〜地震から原発へ〜
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
くろすけイメージ
くろすけ
プロフィール公開中 プロフィール
CFP認定者、1級ファイナンシャルプランナーくろすけが当日の日経新聞からマーケットや経済的におもしろい記事を紹介。

ぜひ投資の参考に!
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 139411
コメント 0 52
お気に入り 0 5

お気に入りリスト

おすすめリンク