石田漆器店

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/ishidasikkiten

「輪島塗 波三色蒔絵バレッタ(中) 溜」 (「ディパーテッド」)

さて今日も、輪島塗のバレッタのご紹介です。

 

こちらのサイズは、黒塗は載せてあったのですが、溜塗のほうはまだでした。

 

青、赤、金の三本のラインというシンプルな模様です。

 

輪島塗 波三色蒔絵バレッタ(中) 溜

 

写真では、分かりにくいですが、やや茶色っぽい仕上げとなっています。

 

詳しくは、「金沢商店街物語」を、ご覧下さい。

http://shop-kanazawa.jp/shopping/product-detail.php?id=3945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今度は、第79回アカデミー賞作品賞を受賞した「ディパーテッド」を見ました。

 

2006年の作品で、監督は、マーティン・スコセッシ。

 

出演は、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォルバーグ、マーティン・シーン。

 

香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクとなります。

 

ジャック・ニコルソン扮するマフィアに育てられたマット・デイモンは、彼に情報を流すために警察官となります。

 

一方、レオナルド・ディカプリオも警官なのですが、彼は、ジャック・ニコルソンを捕えるための潜入捜査官に抜擢されます。

 

こうして、双方の組織に潜入した「ネズミ」たちの息もつかせぬ駆け引きが始まる・・・はずなのですが、実際は、あまり緊張感が生まれません。

 

オリジナルのトニー・レオンとアンディ・ラウに比べると、この二人は弱いんですよね。

 

切羽詰まった状況というのが、今一つ伝わってきません。

 

マット・デイモンの上昇志向の象徴だった議事堂の前を、ネズミがチョロチョロと走り抜けるというラストシーンもショボいです。

 

どうして、こんな作品が評価されたんでしょうか?他に良い作品が無かった?

 

どうせ見るなら、オリジナルの「インファナル・アフェア」のほうをお薦めします。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000037543/p11582305c.html
工芸品 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「輪島塗 飛花沈金ぐい呑み 朱」 (「また台湾旅行に行ってきました その6」)
「輪島塗 飛花沈金ぐい呑み 黒」 (「また台湾旅行に行ってきました その5」)
「輪島塗 春秋沈金ぐい呑み 朱」 (「また台湾旅行に行ってきました その4」)
このブログトップページへ
masahiroイメージ
片町の石田漆器店です。商品紹介と趣味の話を書いていきたいなと思ってます。よろしくお願いします。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 29 202172
コメント 0 42
お気に入り 0 4

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク