よろず写真館

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/datum

写真館 名曲CD1914

写真館 名曲CD1914

ラヴェル:管弦楽作品集
木嶋真優


 毎日窓の外を眺めているのですが、昨日はこれでもかと雪が降り続けていました。

 とうとう降り続けた雪が積もりました。

 でも、牡丹雪ではないので、積もっても真綿の様な感じでした。

 それにしても、何げなく言う「牡丹雪」って、どうして牡丹なんでしょうね。

 で、調べて見ると、

 「多数の雪の結晶が付着し合って大きな雪片となって降る雪。牡丹の花びらのように降るからとも、ぼたぼたした雪の意からともいわれる。ぼた雪」

 やはり、重そうに降る「ぼた雪」が「ぼたん雪」になったのが正解のような気がします。

 それはそうと、「雪の明日は孫子の洗濯」と言いますから、今日は晴れるでしょうか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 アシュケナージの指揮で、N響が演奏していますが、ラヴェルの「ツィガーヌ」で、ヴァイオリニストの木嶋真優が演奏しています。

 このブログでの木嶋真優は初めての登場です。

レビュー
   2004年9月からNHK交響楽団音楽監督に就任するウラディーミル・アシュケナージが、それに先駆けて2003年6月にすみだトリフォニーホールにて行ったセッション・レコーディング。デュトワ後のN響の新時代を占う意味でも極めて注目される1枚である。名ピアニストでもあるアシュケナージは、原曲がピアノ作品であるラヴェルの管弦楽作品集を録音するにあたって、ラヴェル自身が編曲しなかった《鏡》からの3曲、《クープランの墓》からの2曲も、他の編曲者による管弦楽版を用いて演奏している。この点、大きなこだわりがうかがえる。

   エクストン・レーベルの特徴である、演奏者に近く、芯のある音を捉えた鮮明な録音は、遠方の客席で聴こえる残響を拾うワンポイントマイク録音とは対照的な考え方によっているが、これは時としてオーケストラの技量をさらけ出してしまう諸刃の剣にもなりうる。しかし、N響の安定感がここではすべてプラスに働いており、N響をふだん客席で聴いている人にとっても想像以上に豊麗なサウンドが実現されているのに、驚かれるファンもいるのではないだろうか。

   N響の個々のプレイヤーの力量の高さはさすがで、特に精妙なピアニシモと細かい動きの多い《クープランの墓》はN響の名技が生きた一番の聴きもの。「フォルラーヌ」の微細で精妙な音色は美しい。「リゴードン」も細かく鋭敏で鮮やかな音の動きを保ったままアシュケナージの快速な棒に平気でついてくるアンサンブルは非凡である。《ラ・ヴァルス》は緩急自在。クライマックスの曲線的なクレッシェンドの鮮やかさは、目眩を覚えるほど上手い。《鏡》はやはりラヴェル自身の編曲による「洋上の小舟」「道化師の朝の歌」が良く、ダイナミックで極彩色の管弦楽に耳を奪われる。《ツィガーヌ》では、アシュケナージの抜擢により、弱冠16歳の木嶋真優(きしま まゆ)が共演。色気さえ漂うヴァイオリン・ソロに、ハープ、クラリネット、オーボエ、フルートなどがN響のソリストたちが妖艶に絡んでいくところに一番スリルを感じる。破綻すれすれの危険な暴走よりは、丁寧で落ち着いたまとめ方だ。《ボレロ》も熱狂よりは安定感を見せた貫禄の演奏である。(林田直樹)

アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/B0000TCLK8

作曲家と曲名と演奏時間とアーティスト

      Disc 1

      ●モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)
     1. ラ・ヴァルス(管弦楽版) 12:04
      La valse (version for orchestra)
      NHK交響楽団 - NHK Symphony Orchestra
      ウラディーミル・アシュケナージ - Vladimir Ashkenazy (指揮)

     鏡(管弦楽版) 30:57
      Miroirs (version for orchestra)
     2.No.1.Noctuelles 05:26
     3.No.2.Oiseaux tristes 04:42
     4.No.3.Une barque sur l'ocean 07:14
     5.No.4.Alborada del gracioso 08:07
     6.No.5.La vallee des cloches 05:30
      NHK交響楽団 - NHK Symphony Orchestra
      ウラディーミル・アシュケナージ - Vladimir Ashkenazy (指揮)

      Disc 2

      ●モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

     1. ツィガーヌ(ヴァイオリンと管弦楽版) 10:51
      Tzigane (version for violin and orchestra)
      木嶋真優 - Mayu Kishima (ヴァイオリン)
      NHK交響楽団 - NHK Symphony Orchestra
      ウラディーミル・アシュケナージ - Vladimir Ashkenazy (指揮)

     クープランの墓(管弦楽版) 25:01
      Le tombeau de Couperin (version for orchestra)
     2.No.1.Prelude 03:13
     3.No.2.Fugue 04:03
     4.No.3.Forlane 05:53
     5.No.4.Rigaudon 03:09
     6.No.5.Menuet 04:54
     7.No.6.Toccata 03:49
      NHK交響楽団 - NHK Symphony Orchestra
      ウラディーミル・アシュケナージ - Vladimir Ashkenazy (指揮)

     8. ボレロ(編曲:ベイツによる管弦楽編) 15:21
      Bolero (arr.Bates for orchestra)
      NHK交響楽団 - NHK Symphony Orchestra
      ウラディーミル・アシュケナージ - Vladimir Ashkenazy (指揮)





名曲CD1914
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000055110/p11691526c.html
音楽CD | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

写真館 名曲CD1913

写真館 名曲CD1913

ショパン:ピアノ・ソナタ第2番&第3番
上野真


 テレビ受信機を所有するのに受信契約を拒否した男性に、NHKが受信料を請求できるかが争われた訴訟の上告審で、NHK受信料は合憲という判決がでた。

 これはNHKにものすごい過酷な判決だと言うことを誰も分かっていない。

 なぜならば、個々に裁判をすることも大変な負担なのに、いつからテレビ受信機を所有していたかを証明しなければ、裁判にはならないということ。

 NHKは一審で被告にする所帯主がテレビ受信機を所有した日を証明して訴えないと裁判にならないからです。

 要するに、所帯主がテレビ受信機を所有した日を証明する必要がないので、裁判にはなり得ない。

 ということで、「その日にテレビ受信機は買っていません」と言えばいいだけで、買っていないという悪魔の証明はする必要はないのです。

 ということで、NHKは敗訴したも同じです。

 判決が「NHKがテレビ受信機を確認した日(月)からの受信料を支払え」というなら、NHKの勝訴だったのです。

 要するに、NHKは裁判できない足かせを課せられたのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ピアニストの上野真のCDは3枚目ですね。

Makoto Ueno The Official Web Site
http://www.makotoueno.jp/

161019 写真館 名曲CD1492 カール・ツェルニー:フルートとピアノのための作品集 
150527 写真館 名曲CD-981 ヘンレ版によるソナチネ・アルバム第2巻

アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/B00FPRP63E

アーティスト
 上野真 - Makoto Ueno (ピアノ)

作曲家と曲名と演奏時間

      ●フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

     ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 Op.58
      Piano Sonata No.3 in B Minor,Op.58
     1.T.Allegro maestoso 13:43
     2.U.Scherzo:Molto vivace 02:51
     3.V.Largo 09:05
     4.W.Finale:Presto,non tanto 05:40

     ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」 Op.35
      Piano Sonata No.2 in B-Flat Minor,Op.35,"Funeral March"
     5.T.Grave - Doppio movimento 07:40
     6.U.Scherzo 07:18
     7.V.Marche funebre:Lento 09:03
     8.W.Finale:Presto 01:45

     9. ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」 Op.35 - 第3楽章 葬送行進曲(レント) 06:42
      Piano Sonata No.2 in B-Flat Minor,Op.35,"Funeral March":V.Marche funebre:Lento





名曲CD1913
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000055110/p11691074c.html
音楽CD | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

写真館 名曲CD1912

写真館 名曲CD1912

シューベルティアーナ
鈴木理恵子

 昨日は朝日杯将棋オープン戦 二次予選で、午前中に屋敷九段対藤井聡太四段の対戦があり、藤井聡太四段が勝利、午後に松尾歩八段と対戦し藤井聡太四段が2連勝。

 どちらもすごい攻めスジでの勝ち方で、やはり藤井聡太のすごさを見させてもらいました。

 これで、二次予選Fブロックを勝ち進み、本戦トーナメント進出です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ヴァイオリニスト 鈴木理恵子はこのブログでは発登場です。

 今日のCDは、夫であるピアニストの若林顕と共演しています。

メディア掲載レビューほか
 鈴木理恵子(vn)と若林顕(p)のデュオによる、シューベルトのヴァイオリンとピアノのための名作を集めたアルバム。数多くのデュオ・コンサートを行ってきた二人が、息の合ったアンサンブルで幻想的な世界を丁寧に紡いだ一枚。2014年4月7-9日、稲城iプラザにて録音。 (C)RS

アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/B00KAGDJ02

アーティスト
 鈴木理恵子 - Rieko Suzuki (ヴァイオリン)
 若林顕 - Akira Wakabayashi (ピアノ)

作曲家と曲名と演奏時間

      ●フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

     ニ重ソナタ イ長調 Op.162 D.574
      Duo Sonata in A Major,Op.162,D.574
     1.T.Allegro moderato 10:18
     2.U.Scherzo:Presto 04:36
     3.V.Andantino 04:45
     4.W.Allegro vivace 05:56

     5. 華麗なロンド ロ短調 Op.70,D.895 17:36
      Rondo in B Minor,Op.70,D.895,"Rondo brillant"

     幻想曲 ハ長調 D.934 Op.159
      Fantasy in C Major,Op.159,D.934
     6.T.Andante molto 03:47
     7.U.Allegretto 06:03
     8.V.Andantino 13:51
     9.W.Allegro vivace 05:13

     10. エレンの歌 V 「アヴェ・マリア」 Op.52,No.6,D.839 (ヴァイオリンとピアノ編) 04:45
      Ellens Gesang V (Ave Maria!),Op.52,No.6,D.839,"Hymne an die Jungfrau" (arr.for violin and piano)





名曲CD1912
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000055110/p11690808c.html
音楽CD | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
Datumイメージ
散歩、旅行、写真、名所旧跡、神社仏閣等、思いつくままどこかへ出かけていろいろな被写体を見つけて、ひたすら写真を撮って、このブログに掲載しようと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 25 332476
コメント 0 278
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク