よろず写真館

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kanazawa.areablog.jp/datum

写真館 名曲CD1884

写真館 名曲CD1884

J.S.バッハ&C.P.E.バッハ:オーボエ作品集
青山聖樹


 20年以上前から使っているロータリーカッターですが、刃が切れなくなって困っていたのですが、昨日、100円ショップで偶然見つけました。

 2枚セットで100円ですから、ダメもとで買ってきて交換したら、ベリーグー。

 ものすごく得した気分でしたので、捨てるコピー用紙をシューッとカット。


 昨日、家内に片町きららの中にあるピザとスパのサルヴァトーレ クオモ&バールの食べ放題へ行こうと言ったら、あんたはもう年相応じゃないと言われてがっくり。

 ならばと意地で探して、ピソリーノへ行ってきました。

 1700円でチト高かったのですが、きららよりも品数は多く、女子会があちこちのテーブルで賑わっていました。

 私は1700円のモトを取れたか疑問ですが、腹一杯でつらかったなぁ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 今日はオーボエ奏者の青山聖樹のCDです。

 覚えていないでしょうが、過去3枚のCDを紹介しています。

2017年01月11日 モーツァルト:オーボエ四重奏曲
2016年07月05日 Music for Oboe & Piano
2014年10月26日 モーツァルト&ハイドン:オーボエ協奏曲


内容紹介
 数少ないオーボエのためのオリジナル作品、オリジナル同様に演奏されている作品を中心とした、バッハ親子二代に渡るユニークな作品集。ヨーロッパ各地のオーケストラで活動し、現在、NHK交響楽団首席奏者としても活躍する青山聖樹による、バッハ研究の成果と言える1枚。

アーティストについて
青山 聖樹 オーボエ
 東京生まれ。幼児よりドイツで育つ。名手インゴ・ゴリツキー氏のもとでオーボエを始める。東京芸術大学附属高校を経て、同大学に進む。小島葉子、北島章の各氏に師事。在学中ドイツ・ハノファー国立音楽大学に留学、シュトウットガルト国立音楽大学同大学院卒業。ゲスト首席として、ヨーロッパ各地の管弦楽団(ブダペスト祝祭管弦楽団、コンチェルト・バンベルク、ミュンヘン・バッハ・ゾリステン、カンマーフィルハーモニー・アマデー、フィルハーモニア・オブ・ザ・ネーションズ 等)に客演し、日本ではアンサンブル of トウキョウ及びカンマーアカデミーさいたまのソロ・オーボエ奏者として活躍する他、アンサンブル・アマデーを主催。ドイツ・フィルハーモニア・フンガリカ、新日本フィル首席を経て、現在、NHK交響楽団首席オーボエ奏者。また、武蔵野音楽大学准教授、東京芸術大学非常勤講師として後進の指導にあたっている。

アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/B004C3TV6K

作曲家と曲名と演奏時間とアーティスト

      ●カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ - Carl Philipp Emanuel Bach (1714-1788)
     ソロ ト短調 Wq.135,H.549
      Solo in G Minor,Wq.135,H.549
     1.T.Adagio 02:00
     2.U.Allegro 02:38
     3.V.Vivace 05:09
      青山聖樹 - Satoki Aoyama (オーボエ)
      河野文昭 - Fumiaki Kono (チェロ)
      小倉貴久子 - Kikuko Ogura (チェンバロ)

     オーボエ・ソナタ イ短調 Wq.132
      Oboe Sonata in A Minor,Wq.132,H.562
     4.T.Poco adagio 04:26
     5.U.Allegro 02:34
     6.V.Allegro 02:23
      青山聖樹 - Satoki Aoyama (オーボエ)

      ●ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)
     オーボエ・ソナタ ト短調 BWV 1020 (伝C.P.E.バッハのH.542.5)
      Oboe Sonata in G Minor,BWV 1020 (attrib.to C.P.E.Bach,H.542.5)
     7.T.Allegro 04:07
     8.U.Adagio 02:47
     9.V.Allegro 03:45
      青山聖樹 - Satoki Aoyama (オーボエ)
      河野文昭 - Fumiaki Kono (チェロ)
      小倉貴久子 - Kikuko Ogura (チェンバロ)

     無伴奏フルート・ソナタ イ短調 BWV 1013 (青山聖樹によるギター編)
      Partita in A Minor,BWV 1013 (arr.S.Aoyama for oboe)
     10.T.Allemande 04:08
     11.U.Corrente 01:53
     12.V.Sarabande 03:24
     13.W.Bourree Anglaise 01:51
      青山聖樹 - Satoki Aoyama (オーボエ)

     オーボエ・ソナタ ト短調 BWV 1030a
      Oboe Sonata in G Minor,BWV 1030a
     14.T.Andante 07:08
     15.U.Siciliano 03:38
     16.V.Presto 05:30
      青山聖樹 - Satoki Aoyama (オーボエ)
      河野文昭 - Fumiaki Kono (チェロ)
      小倉貴久子 - Kikuko Ogura (チェンバロ)






名曲CD1884
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000055110/p11682346c.html
音楽CD | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

写真館 名曲CD1883

写真館 名曲CD1883

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「熱情」
小林愛実


 説教中に掛かってきたスマホを見たら先輩が激怒したという。

 そして、顔を数十回も殴りつけて、頭蓋骨底骨折にしたらしい。

 私は話をする時に、相手がイヤホーンをしたまま話を続ける人には、私の両耳を塞いで注意します。

 イヤホーンをしているということは、音楽を聴いているからでしょうし、イヤホーンのまま音楽を聴いていて、会話をしようとするのは理解出来ませんね。

 ですから、イヤホーンやヘッドホーンは外しましょうね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ピアニストの小林愛実は初めての紹介です。

 詳細は下記をご参考に。

内容紹介
 世界中から注目を集め続ける15歳のピアニスト小林愛実、待望のセカンド・アルバム。

☆2010年12月 ショパン・パスポートをポーランド政府より授与!
選ばれたのは、ショパンに貢献していると認定された世界で100人の芸術家、日本人はたったの5人。
その中に小林愛実が選ばれました!
選ばれた日本人は、横山幸雄、小林愛実、小曽根真、井上道義、観世銕之丞(能楽師)の5名。
☆2011年1月 ショパン国際ピアノコンクールin ASIAで、年齢制限無しの部門で金賞受賞!
これまでにもコンクールでは、毎度最年少記録を更新してきましたが、今回初めて年齢制限のない部門に挑戦。
大学生、大学院生等に混じり、本選に出場しましたが、圧倒的な演奏で、見事金賞およびコンチェルト賞を受賞しました!
☆2011年1月31日 映画デビュー!ロッテルダム国際映画祭にてワールドプレミエ!
「ピアノを弾く少女役」としての打診を受け、昨年出演し、映画音楽も全編演奏した映画「ネムリユスリカ」が
1月31日、ロッテルダム国際映画祭に出展することになった。
小林愛実は、ピアノを弾く少女の役で出演、映画の音楽も全編小林愛実のピアノ演奏となっています。
日本公開は、2011年11月予定。既に、あらたな映画音楽のオファーがあり、演奏することが決まっています。
☆2011月4月3日 小澤征爾氏が監督を務める、ニューヨークジャパンフェスティバルにて カーネギーホール ソロリサイタルデュー!
2011年5月8日には、その凱旋公演として、東京オペラシティコンサートホールで、最年少ソロ・リサイタルを実現!
(2010年には、サントリーホール大ホールにて、日本人ピアニスト、最年少リサイタル記録を更新!)
☆月刊ショパンにて、連載を開始し、彼女の文章力も話題になっています!
また、ピアノ専門誌「月刊ショパン」では、小林愛実の日常をつづった「小林愛実の15歳エッセイ♪ いつもHappy Music」を連載開始!
いつも自然体で愛されキャラの小林愛実の素顔がそのまま文章に現れ、人気コーナーになってます。
そして、活躍目覚しく、世界から常に注目を集める小林愛実が、3年前から弾きたかった「熱情」をいよいよ録音!
前作でも特に定評のあったベートーヴェンのソナタの中から、今小林愛実が3年前からずっと弾きたかったという「熱情(ピアノ・ソナタ第23 番)」、
そして「悲愴(ピアノ・ソナタ第8番)」、シューマンの名曲「子供の情景」、ピアノを習う人たちが必ず通る、王道曲を3曲収録。
いずれも小林愛実が得意とする音楽性に富んだ深い作品。
ほとばしる表現力で、様々な「音楽の深み」に挑戦。聴きごたえのある1枚となりました。 

メディア掲載レビューほか
15歳のピアニスト(2011年時)、小林愛実のセカンド・アルバム。「熱情(ピアノ・ソナタ第23番)」と、「悲愴(ピアノ・ソナタ第8番)」そして、シューマンの名曲「子供の情景」等、彼女が得意とする音楽性に富んだ深い作品、ピアノを習う人たちは必ず通る名曲をお届けする1枚。 (C)RS 


アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/B004IRQBK4

アーティスト
  小林愛実 - Aimi Kobayashi (ピアノ)

作曲家と曲名と演奏時間

      ●ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

     ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 「悲愴」 Op.13
      Piano Sonata No.8 in C Minor,Op.13,"Pathetique"
     1.T.Grave - Allegro di molto e con brio 07:12
     2.U.Adagio cantabile 05:25
     3.V.Rondo:Allegro 04:41

     ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 「熱情」 Op.57
      Piano Sonata No.23 in F Minor,Op.57,"Appassionata"
     4.T.Allegro assai - Piu allegro 10:03
     5.U.Andante con moto 07:04
     6.V.Allegro ma non troppo - Presto 05:28

      ●ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)
     Kinderszenen (子供の情景),Op.15
     7.No.1.Von fremden Landern und Menschen (Of Foreign Lands and People) 01:51
     8.No.2.Kuriose Geschichte (Strange Story) 01:05
     9.No.3.Hasche-Mann (Blindman's Buff) 00:27
     10.No.4.Bittendes Kind (Entreating Child) 01:03
     11.No.5.Gluckes genug (Contentment) 00:35
     12.No.6.Wichtige Begebenheit (Great Event) 00:51
     13.No.7.Traumerei (Dreaming) 03:08
     14.No.8.Am Kamin (By the Fireside) 00:59
     15.No.9.Ritter vom Steckenpferd (Ride a Cock Horse) 00:40
     16.No.10.Fast zu ernst (Almost Too Serious) 01:59
     17.No.11.Furchtenmachen (Frightening) 01:53
     18.No.12.Kind im Einschlummern (Child Falling Asleep) 02:10
     19.No.13.Der Dichter spricht (The Poet Speaks) 02:18






名曲CD1883
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000055110/p11682040c.html
音楽CD | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

写真館 名曲CD1882

写真館 名曲CD1882

期待の新進演奏家シリーズ/崎谷明弘 ピアノ・リサイタル
崎谷明弘


 昨日の羽鳥モーニングショウでの「全治」とは医学的にどういう状態かという質問に、頭蓋骨底骨折の説明をしていた医師は「全治」の意味は知らなかったようです。

 「全治」とは、入院・通院しての治療を必要としなくなった状態のことで、病気や怪我が治ってしまうのは「完治」といいます。

 ですから、主治医がよく言う「もう大丈夫そうですね、でも、また何かあったらすぐ来てくださいね」と言われて病院へ行かなくなった状態を「全治」といいます。

 でも、胃がん手術で胃切除をして治ったのは「完治」ではなく「治癒」「平癒」でしょうか。

 そして、私の主治医は「もう大丈夫そうですね」とは絶対言わなくて、「酒はひかえるようにして、次は2ヶ月後に来なさい」だって。

 でも、医師が絶対言ってはいけないのは、「もう完治しました」でしょうね。

 ということで、私には「全治」も「完治」もありません。

 車の修理のついでに冬用タイヤに交換しました。

 工場はタイヤ交換でフル操業でした。

 昨日も10時30分ごろに玉川図書館へ行ってきましたが、車を止めると係員が満車の合図を出していました。。

 にぎわっていますねというと、3回目ですだって。

 駐車場が足りないんですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ピアニストの崎谷明弘は初めての紹介です。

 詳細は下記をご参考に。

内容紹介
 1-5.ブラームス(1833-1897):ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 Op.5《第1楽章:Allegro maestoso/第2楽章:Andante espressivo/第3楽章:スケルツォ:Allegro energico/第4楽章:インテルメッツォ:Andante molto/第5楽章:フィナーレ:Allegro moderato ma rubato》/6-8.ドビュッシー(1862-1918):版画《塔/グラナダの夕べ/雨の庭》/9.アレハンドロ・ローマン(1971-):ガイエーナ:ハエンの10の風景/10.グラナドス(1867-1916):わら人形(ゴヤ風な情景)/11.ホアン・マヌエル・ルイス(1968-):アルメナーラ ※9.11…世界初録音

録音 2014年6月21日 スペイン ハエン,コンセルバトリー・オブ・ミュージック,インファンタ・レオノール・シアター

 第56回ハエン国際ピアノ・コンクールを制した若きピアニスト、崎谷明弘。彼は1988年西宮生まれの神戸出身、6歳からピアノを始め、ブゾーニ国際など数々のコンクールで受賞歴を持っています。パリ高等音楽院(CNSM)で研鑽を積み、帰国後も東京藝術大学大学院に進学、修士課程を首席で修了。2015年春からは博士後期課程に進学し、さらなる研鑽を積むという凄腕です。まあ、現代の若手ピアニストは多くのコンクール歴を持つのが割と普通ではありますが、なんと言っても彼の凄いところはその音楽性と、ユニークな個性、そしてすでに獲得しているファンの多さに尽きるのではないでしょうか。たとえば彼の演奏するブラームスを聴いただけで、そのカリスマ性に納得いただけるはずです。一つ一つの音を噛みしめるかのような深い打鍵、そして生まれる美しい音。これがドビュッシーになると一転、まるでビロードの布で撫でられたかのような優しい肌触りが楽しめるのです。コンクールの課題曲であったローマンの「ガイエーナ:ハエンの10の風景」でのミステリアスな響きも聴きものです。この才能、聞き逃すべからず!

メディア掲載レビューほか
 第56回ハエン国際ピアノ・コンクールを制した1988年生まれのピアニスト、崎谷明弘のリサイタル・アルバム。数々の受賞歴もさることながら、なんと言っても彼の凄さはその音楽性と、ユニークな個性、そしてすでに獲得しているファンの多さ。ブラームスでみせる一つ一つの音を噛みしめるかのような深い打鍵、そして生まれる美しい音に、そのカリスマ性が感じられるはず。コンクールの課題曲であったローマンの「ガイエナ - ハエンの10の風景」でのミステリアスな響きも聴きもの。2014年スペイン録音。 (C)RS

アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/B018MP2BYM

アーティスト
 崎谷明弘 - Akihiro Sakiya (ピアノ)

作曲家と曲名と演奏時間

      ●ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)
     ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調 Op.5
      Piano Sonata No.3 in F Minor,Op.5
     1.T.Allegro maestoso 10:22
     2.U.Andante espressivo 10:49
     3.V.Scherzo:Allegro energico 05:11
     4.W.Intermezzo:Andante molto 03:13
     5.X.Finale:Allegro moderato ma rubato 08:11

      ●クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)
     版画
      Estampes
     6.No.1.Pagodes 04:58
     7.No.2.La soiree dans Grenade (Evening in Granada) 04:52
     8.No.3.Jardins sous la pluie (Gardens in the Rain) 03:56

      ●アレハンドロ・ロマーン - Alejandro Roman (1971-)
     9. ガイエナ - ハエンの10の風景 Op.47 07:16
      Gaiena,Op.47

      ●エンリケ・グラナドス - Enrique Granados (1867-1916)
     10. わら人形 04:44
      El pelele,goyesca

      ●フアン・マヌエル・ルイス - Juan Manuel Ruiz (1968-)
     11. アルメナーラ 10:24
      Almenara
      




名曲CD1882
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kanazawa.areablog.jp/blog/1000055110/p11681727c.html
音楽CD | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
Datumイメージ
散歩、旅行、写真、名所旧跡、神社仏閣等、思いつくままどこかへ出かけていろいろな被写体を見つけて、ひたすら写真を撮って、このブログに掲載しようと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 37 330726
コメント 0 278
お気に入り 0 11

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク